激旅!タイ4泊5日2016(2)

激旅!タイ4泊5日2016。

ドンムアン空港から車でホテルへ向かう。どうだろう、まだ朝が早いからなのか土曜日だからなのか特段渋滞もなく、30分ちょっとくらいでホテルに到着した。
今回の宿は、バンコクのバイヨークスカイホテル。このあたりではダントツの高層バイヨークタワーⅡの中にある。88階建ってか。

e0173645_21463202.jpg
e0173645_22045688.jpg

車を降りて、上を見上げるとタワーの迫力は確かにすごい。高層階の部屋なら眺めもいいでしょうよ。
・・・ま、そうなんだけど、それよりも、ホテルの足元に興味津々だわ。ホテルの前って、タクシーがフロント前に乗りつける広々したイメージがあるんだけど・・・
違う違う、こんなにごちゃごちゃした中にエントランスがあるのかよ。
冗談抜きで、ホテルの前こんな感じ。なんか、新橋繁華街の中にあるビジネスホテルに来たみたいだな。

e0173645_22130345.jpg

もともとのスケジュールでは、空港に着くのが4:00で、まあ色々あってもホテルに着くのは6~7時頃かと踏んでいたが、飛行機が1時間半遅れてなんだかんだで7時か。
ホテルにチェックインはまだ出来ないので、荷物だけ預けて、早速、観光に出ることにした。

ホテルの最寄駅は、目の前にあるエアポートリンク(ARL)のラチャプラロップ駅なんだけど、まあほぼ利用することはない。何故なら、観光に移動する・繁華街に出るには鉄道を乗り換えて迂回する感じになるので、スカイトレイン(BTS)のサイアム駅かチャットロム駅まで移動する方が動きやすい。
ただ、ネットで色々調べたけど、バイヨークスカイホテルからサイアム駅まで歩いていけるのか、所要時間がどの程度なのかがよく分からなかったんだよね。
ガイド曰く「サイアムエキマデハ15フンネ。」

これから先、ここを何度も往復するんだけど、暑いのと、歩道がきちんとしていない、露店があったりと、なかなかすっと歩けないのでしんどい。
途中に伊勢丹など大型ショッピングモールもあるんだけど、ショッピング兼ねるなら便利だけど、単なる移動であればそれもメリットにはならない。迂回してでも、あまり歩かず鉄道乗り換えの方が良いという人はチャットロム駅を利用しよう。

e0173645_07550991.jpg

ホテルと駅の間には、マクドナルドもあって、ドナルドもタイ仕様になっている。

e0173645_23411217.jpg

ホテルから大通りのラチャプラロップ通りを南下し、伊勢丹や大型商業施設セントラルワールドなどを抜けたところで、東西を走るラマ1世通りと交差する、ラチャプラソン交差点。ここを左に行くとすぐにチットロム駅、右に500mほど行くとサイアム駅になる。サイアム駅の方が、2つのBTSの乗り換え駅なので、どの方面に行くにも便利だ。
やっとこさ、サイアム駅に着いた~実際は、歩いて20分しっかりかかった。まあ、慣れて歩けば、ガイドの言うことは間違ってなかったな。

e0173645_07553190.jpg

BTSの券売機。こいつがなかなかクセモノなんだよね。
チケットの買い方は、①隣にある料金表で目的地までの料金を確認、②券売機の1マークのある方で①で確認した料金のボタンを押す、③お金を投入、だ。
それだけだったら問題はないんだけど、これ、コインしか投入できないんだよね。札が使える券売機もあるけど、ほとんど目にしない(1回くらいしかみてないな)。

e0173645_07231583.jpg

小銭がなかったら窓口に行くんだけど、これで切符が買えるかと思えば両替。飽くまで、券売機を使わせる。時間や場所によっては、窓口がめちゃ並ぶことがあるので、BTSに乗るときは小銭が必須だ。

チケットというより、カードが出てくる。色んなデザインがあるみたい・・・使い回しなので使い込んだ感満載。自動改札口に入れると、先にチケットが出て、それを取ることでゲートが開くのね。

e0173645_07233167.jpg

こちらがBTS。高架鉄道なので、ダイヤ通りに動く。
駅も車両も綺麗で、乗客の乗り降りも整列乗車で快適。ラッシュ時になると激混みになるのは日本と同じ。

e0173645_07235421.jpg

サイアム駅からシーロム線で南下し5駅目、サパーンタクシン駅に到着。
駅を西側に出ると、すぐチャオプラヤー川に出る。
ここに、船乗り場があるんですな。ター・サートーン(タクシン)停留所だ。

e0173645_07524498.jpg

さあ、これからどこに向かうのかというと、初バンコクなので3大寺院(ワット・プラケオ、ワット・アルン、ワット・ポー)へ向かおうかと。
バンコク市内の地図を広げると、3大寺院は、サイアム駅周辺の繁華街から真西に4~5kmいったところ。ところが、BTSなどの鉄道系が全くないんだよね。だから、①オプショナルツアーを申し込む、②タクシーでいく、そして、もう一つが、今回のこの③船移動、のいずれかでの移動になる。

チャオプラヤー川を爆走するチャオプラヤーエクスプレス
完全にバスの水上版だ。岸辺にいくつかの停留所があって、順に止まっていく。しかも、各停とか急行とか特急みたいな種別があって、それによって停留所を通過したりする。種別は、船の後ろにはためく旗の色で分かるようになっているぞ。

とりあえず、回数券とか1日券とかではなくワンショットで乗るので、切符の購入は船に乗ってからだ。
停留所には上り下りどっちもの船が着くので、向かう方向と旗の色だけチェック。ま、観光客も多いから間違えることはないかも。

e0173645_07524832.jpg

オレンジが急行、グリーンやイエローが特急。3大寺院へは、ター・ティアン(#8)か、ター・チャン(#9)で下船だ。特急だと止まらなそうだな・・・オレンジ色の急行船が来たので、とりあえず乗船。
日本人の観光客より欧米系の観光客が多いや。

e0173645_07525012.jpg

乗ってしばらくすると、小銭の入った竹筒をガシャガシャいわしながらお姉さんが回ってくる。この時に、行きたいところを告げると料金を言ってくれる。
乗船したター・サートーン(タクシン)停留所から、ター・チャン停留所まで14B。1B(バーツ)3円くらいだと・・・42円だっせ。停留所名が言えなければ、「ワット・ポー!」っていえば大丈夫。
心地いい風を感じながら、渋滞知らずのスイスイ運行、こりゃ価値あるぜ。

e0173645_07525330.jpg

船が停留所に着くたびに、乗船員が口笛をふき「着いたぞ~」と乗船客に知らせる。人を乗り降りさせたら、間髪入れず出発するのが気持ちがいい。

e0173645_07525503.jpg

20分くらいかな、ター・チャン(#9)で下船
停留所には、停留所名の看板があるんだけど、ぱっと見たらタイ語なんだよね。下に英語表記もあるけど、読んでるうちに出発しそうなので、それと別に、数字の書いた看板があるので、これをみて自分が降りる場所を確認する。

混雑しているときは、停留所のある岸側に陣取って、確認ができるようにしておこう。実際、ター・ティアン(#8)で降りてもいいなぁと思っていたんだけど、岸と反対側にいたからどこか分からなくなって、人が多く降りるからつられて降りたらター・チャン(#9)だった。あぶねー
ま、3大寺院については、左手にワット・アルンが近くに見えているところで降りれば大丈夫でしょうな。

e0173645_07525825.jpg
e0173645_07530026.jpg

ター・チャン停留所に降り立ってすぐに、香ばしい雰囲気に囲まれる。停留所の建物内には、ちょっとした店が並んでいる。

e0173645_00433412.jpg

さ、どのお寺から巡るかな。

激旅!タイ4泊5日2016。続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-04-07 07:29 | 激旅!タイ4泊5日2016 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/24283068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 激旅!タイ4泊5日2016(3) 激旅!タイ4泊5日2016(1) >>