石橋の居酒屋「みやこ」

今回は、ちょっと特殊なパターンなので、雰囲気だけでも伝わればなぁと思って書くね。阪急石橋東口、「楽」「あすか亭」など居酒屋が密集する通りにある、「みやこ」。細い階段をトントンと上がると入口がある。もともと、串あげ「惚んのり」のあったところだね。

e0173645_17372612.jpg

なるほど、2階まで軽快に上がったはいいけど、外から中の様子は分からないな・・・ま、頑張って入ってみよ・・・扉を開けると、一瞬微妙な空気が流れた。

常連のお客さんは一人だけいたんだけど、
話を聞くと、ほんと直前まで貸切の忘年会があったんだって。嵐が過ぎた直後でほっとしたところだったようで、これ以上、お客さんが来ないと思っていたところに、C級呑兵衛が顔を出したというわけ。

でも、「今日は貸切ですなんて張り紙とかなかったけどな・・・」
そう、貼っていたら、そのまま引返していたかもしれないのに、「もうこれ以上お客さん来ないだろう」と思って剥がしたところだったそうな。それに、新規顧客だったから、余計びっくりしたみたい。

この状態だったので、普段のメニューは注文できなかったんだけど、「あるものでよければ、ここ急いで片付けますので」。ま、軽く一杯できればと思っていた程度なので、ありものでもいいですよと、入口近くの席に腰をかけた。お店はカウンターのみで、10席程度かしら。ウイスキー、焼酎の瓶が、壁やカウンターに並ぶ。常連も多そうだ。

生ビール(500円)で喉を潤していると、小鉢でおでんの盛合せが出てきた。
あら、おダシがよく聞いて、美味しいですなぁ。うずら卵ってのもいいねぇ。居酒屋で一人飲みでおでん盛り合わせをよく頼むけど、あまりボリュームがあってもお腹いっぱいになるでしょ。こんな感じで出してもらえると嬉しいな。

e0173645_17372935.jpg

あるもので、いろいろちょっとずつ出してもらおう。

南蛮漬け。これは鯖かしら。
あらまぁ、いい酢の塩梅。酸味が強すぎることもなく、食べ飽きない。あーこれ、日本酒欲しくなるな。

e0173645_17373308.jpg

実は、日本酒も気になっていたんだよな。
カウンターの後ろに小さい冷蔵ケースがあって、一升瓶がいくつか。「義俠」「菊姫」「東北泉」・・・いいじゃないか。
日本酒は、2種のグラスの大きさ(400円、700円)でチョイスできるぞ。

今回は、「遊穂」から「ゆうほのあか」山おろし純米吟醸 無濾過生原酒を。しっかり安定した旨みのある酒ですな。

e0173645_17392222.jpg

これ、激ウマ。
豚バラの紅茶煮。とにかく柔らかい・・・ほろほろと崩れるんだけど、肉肉した食感がたまらん。紅茶煮とはあるけど紅茶の味がするわけでなく、あっさり甘辛めの味付けなところに、ほんのり甘い脂でコクが出て美味い。

e0173645_17373638.jpg

メニューをみると・・・ところどころ、ツッコミたいワードがちらつくので、きっとこのお店は楽しいお店なんだろうな、と(笑)
しっかりご飯ものも充実してますなぁ。ステーキとかもあるのか。
お刺身は、ストックとしてあまり持たないらしいので、事前に電話等でお願いしておくと、ええのん用意してくれるって言ってたよ。

e0173645_11431976.jpg

お店のママが、今回はホントたまたまこういう状況だったので、「普通の時にまたぜひ来て下さい」。今回、ちょっこと出してもらった惣菜だけで、美味しいのんは分かったので、また、顔出すことにしよう。

おひとりさま、お酒が飲めない方も大歓迎とのこと。
気になる人は是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:みやこ
場所:池田市石橋2-2-3 サンビル2F
時間:17:00~ 火・日休
電話:072-741-4378

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-12-27 11:59 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/23997689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 川西の銭湯「新町湯」 十三の居酒屋「東屋」 >>