蒲田のカレーライス・支那そば「インディアン」

蒲田でも東急多摩川・池上線沿い、
バーボンロードをフラフラしていれば目にするお店、「インディアン」

e0173645_11085673.jpg

蓮沼に本店を構える「インディアン」なんだけど、今回おじゃましたのは蒲田西口店だ。前から気にはなっていたんだよね・・・というのも、

 ・ラーメンとは言わずに支那そばと言っている
 ・カレーライスと支那そばの店である
 ・武田流はいいとして、カレーライスに「古式」とついている
 ・蒲田名物って書いてある

十分でしょ?
カレーライスと支那そば・・・これ、両方ウリだとすると、両方食べたいと思うんだけど、量多くなるよなぁ。
と思いながらお店に入ると、よーできた話で、サービスセットというのがあって、支那そばと半カレー(1000円)というのがあった。カレーもフルでいく場合は、1150円だ。ただ、カレーがフルで、支那そばが半分というのはない
それにしても、ホント、支那そば、焼豚そば、カレーライスのみのラインナップなんだね。

「武田流」とあるのは、創業者が武田さんということね。
銀座資生堂パーラーから独立した洋食コックの武田氏が創業したそうで、昭和28年創業というから老舗なんだよね。「もやもやさまぁ~ず」で取り上げられたり、著名人も多く訪れている。蓮沼・池上・蒲田に店舗を構えているから、ま、蒲田名物は間違いないか。

さてさて、支那そばと半カレーを注文すると、先に支那そばがやってきた。
おーこの澄み切ったスープが美味そうだな。あっさり鶏がらスープなんだけど、滋味ある旨みに加え、焦がし玉ねぎで、甘味と香ばしさがよく出ている。
全体的にあっさりとまとまっているので、普段、ガンガンにラーメンを食べているような人にとっては、ひょっとすると薄いと感じるかもしれないね。

麺は細麺の縮れで、いい弾力があってグー

e0173645_11085891.jpg

それにしても、どうして「支那そば」という名にこだわっているんだろうね。
戦前から営業しているなら分からないでもないんだけど、でも、創業当時はまだ「支那そば」って言ってたのかな・・・因みに、ラーメンも支那そばも同じで、時代によって呼び名が違うだけなんだよね。

ラーメンをある程度食べたところを見計らって、カレーライスが出される。絶妙なタイミングで出てくるな。

e0173645_11090036.jpg

かなり、色の濃いルーですな。見た目だけでなく、チョコレートを溶かしたような質感もたまらんわね。辛さはそんなに感じない。それ以上に、このロースト感がガンガンに前に出てくる味わいがグー。創業当時の味を守り続けているから、古式なのかしら。

一緒に食べてどうなのかな・・・と思ったけど、アリですな。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:インディアン 蒲田西口店
場所:東京都大田区西蒲田7-63-10
時間:11:00~21:00 月休
電話:03-3734-1775

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-11-22 13:03 | ・蒲田めぐり | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/23893122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 梅田のオイスターバー「GUMB... 蒲田の居酒屋「鉄板串焼 嵐」 >>