阿波座の「中之島漁港」

先日の話。
あー雨が面倒だなー、せっかく漁港まできたのに・・・
どこの漁港に来たかというと・・・下の写真の右手奥の方に、梅田スカイビルが見えているんだけど、分かるかしら。

e0173645_07332704.jpg

そう、ここは大阪市内。
場所は、大阪市中央卸売市場の南、安治川沿いの「中之島漁港」だ。

「え?あんなところに港なんてあったっけ?」と思うよね。
そう、「中之島漁港」は本当の漁港ではなく、施設の名前なんだよね。阿波座駅から歩いて10分くらいかしら。倉庫や工場が集中していて、人がぞろぞろ歩いているようなエリアではないんだけど・・・そこを安治川サイドに抜けると入口が見える。

e0173645_07340902.jpg

どんな施設かというと、
船が行き来する水揚げこそないが、全国の港からイキのええ鮮魚が集まってきてるんだよね。建物の中には、水槽がいくつもあって、いろんな魚が泳いでいる。市場みたいな感じだけど、なるほど、街の中に港が出来たというコンセプトなんだね。

e0173645_07341931.jpg

ほーサバが泳いでますなぁ。水槽で泳いでいるものもあれば、切り身になって販売されているものもある。

e0173645_07344305.jpg
e0173645_07344555.jpg

ここの人気は、中之島みなと食堂で、海鮮料理のほか、浜焼きBBQも出来るのか。なるほど、川に沿って飲食スペースがあるわ。

少し待って、中之島みなと食堂へ。
中に入ると、その日の仕入れ情報がホワイトボードに書き込まれている。

e0173645_07290375.jpg

さて、何を食べるかな・・・
雨が降っている上に、ムシムシと暑い。そこに来て、BBQをやっている客も当然いるわけで・・・んー暑いから、今回はBBQやめとこ。海鮮丼にするか。

e0173645_07385271.jpg

日替わりの海鮮丼(1500円)。
サーモン、タイ、ハマチ、いくら、まぐろが盛り付けられている。活きのいい魚を丼にしているんだろうね、脂はのっているけどあっさりで身がコリッコリだ。

e0173645_07413295.jpg

恵比寿さばが名物っぽいんだけど、残念ながら今回はないみたいだな・・・恵比寿さばというのは九州ブランドのさばで、水揚げした後、不純物を取り除くために綺麗な海水で一定期間泳がしてから出荷しているんだって。

この日の仕入れでは、鹿児島の活けサバか。
じゃあ、単品で鹿児島活サバをハーフ(1300円)で。しっかり脂がのって、まろやかな舌ざわり。美味い。

e0173645_07413459.jpg
週末どこ行こうかなぁと考えている人、海鮮丼が気になる人は観光気分で是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:中之島漁港・みなと食堂
場所:大阪市西区川口2-9
時間:
中之島漁港 10:00~18:00 木・第3水休
中之島みなと食堂
【平日】11:00~15:00 (L.O.14:30)、17:00~22:00 (L.O.21:30)
土日祝+イベント開催時】11:00~22:00 (L.O.21:30)
※最終入店は21時迄
電話:中之島漁港 06-6581-3315
   中之島みなと食堂 06-6581-3166


【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2015-09-12 07:49 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/23664992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の居酒屋「うめちゃん」 石橋のエスニック料理「アーティ... >>