和歌山のラーメン「井出商店」

先日、家族で久々に、ばあちゃんのいる白浜へ出かけることになった。
いつも、金曜日の夜に出発して、現地に24時頃に到着するんだけど、今回は一度、和歌山で降りて腹ごしらえを・・・

21:30頃かな、「井出商店」にやってきた。
和歌山ラーメンの代名詞か、というくらい超有名なお店ですな。そうではあるんだけど、恥ずかしながら、初井出商店なんだよね。

e0173645_14212400.jpg

待つこともなく、中に入るとほとんど客はいない状態。まぁ、時間も遅いし、人気店とはいえ、普段はこんな感じなのかな。

e0173645_14212879.jpg

和歌山ラーメンと言えば、ラーメンと一緒に寿司をつまむのが一般的だけど、この早すし好きなんだよね~。井出商店では、シンプルにすし(150円)というメニューだ。
テーブル席に最初から積んであるので、ラーメンが出てくるまでに、1つ手に取ってパクつく。程よい酢〆が食欲をそそる。

e0173645_14212663.jpg
e0173645_14213169.jpg

和歌山ラーメンとはいわれているけど、現地では中華そばね。
オーソドックスに、中華そば(700円)を。井出商店では、あれこれメニューがあるわけではなく、中華そばか、特製中華そば(チャーシュー)で勝負している。

おすすめPOPが貼ってあったので、味付煮玉子(100円)も追加でお願いする。すると、ラーメンより先に小皿に入って出てきた。いい色に仕上がってますなぁ。

e0173645_14212971.jpg

待ってました、中華そば(700円)。
和歌山ラーメンっていくつか種類があるようだけど、大きくは醤油系、豚骨醤油系に分かれるそうで、井出商店は後者だ。「和歌山ラーメンといえば」の内容も、この後者スタイルで全国区に伝わっているが、地元では必ずしも多数派というわけではないようですな。
かまぼこの形状がキュートですな。

e0173645_14213414.jpg

濃い目の醤油色で、少しとろみを感じる質感・・・濃厚なスープ。
食べ進める間、こってり豚骨のはずでそう感じるんだけど、臭みがないのでくどくなく、自然と身体に馴染む。醤油の香ばしい塩辛さもいい感じ。
ここにストレートの細麺。スープによく絡むわ。さっきの煮玉子の黄身も、とろっとした食感がたまらん。
このままでいくと、食べた後こってりかなと思いきや、びっくりするほど後味がスッキリしている。

あれ?
食べるのに集中してたから気が付いてなかったけど、店を出る時、満員御礼になってた。やっぱり、たまたま空いたタイミングだったんだ。もうすぐ22時になろうというのに、すごいな。

うまかった!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:井出商店
場所:和歌山市田中町4-84
時間:11:30~23:30(L.O.23:30)木休
電話:073-424-1689

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-08-28 07:08 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/23608407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 白浜の寿司「幸鮨」 四条大宮の居酒屋「庶民」 >>