石橋の居酒屋「風の盆」

まさに、ご馳走攻め。
がっつり造りが食べたくて、石橋「風の盆」にやってきた。
店の入口には、どかーんと大きな白提灯に「魚庭」の文字。これで「なにわ」、つまり魚介が豊富な大阪の海のことを指すんだけど、
この店の根幹には「富山」がある。店名の「風の盆」もそうで、富山は越中八尾の伝統的な祭り「おわら風の盆」から来ている。店の大将が、氷見出身なんですな。

e0173645_22445720.jpg

今日も相変わらず忙しそうだ。
いつもの通り、「おまかせでいいですか?」と聞かれ、首を縦に振ると後はうまいもんが出てくるのを待つだけだ。
とりあえず、喉を潤すのに、生ビールをもらって、と・・・しばらくすると、「ちょっと、これつまんでて」と、おまかせの一品目が出てきた。本バイ貝と、オイルサーディンだ。
大きな本バイ貝は、箸でおさえて身を出すんだけど、身を引っ張ることをせず、殻を回すと綺麗に取れる。身が大きいから、貝のぐみぐみ食感を存分に楽しめる。オイルサーディンは、これ、いわしを煮付けてあるだけじゃなくて、スモークしたような香ばしい風味と、干物のような食感なんだよね。酒の肴に最高やな。

e0173645_22450070.jpg

造りきたきた。写真は、良妻との2人分ね。
アルバイトの学生が店内を行ったり来たりしているんけど、この盛り合わせの時は大将が直々に説明だ。
本鮪、帆立、甘海老、鯛、間八、呼子剣先いかに、〆鯖は気仙沼の金華さばだ。そうそう、そして、この添え物のわかめも気仙沼産だ。
必ず、大将は言う「わざびは醤油に絶対に溶かさないで」。このわざびは・・・伊豆産ですな。

e0173645_22450366.jpg

本鮪は希少部位の天身。それを、キューブ状にカット。しっとり滑らかな舌触りがクセになる。金華さばも、きずしにはしているけど、脂がしっかり乗って美味い。
一つ一つが豪快カットなので、この造りだけで、お腹がいっぱいになる勢いだ。

e0173645_22451341.jpg

いつものように、造りを食べるタイミングまでには、酒は「立山」(1合550円)に切り替えている。

e0173645_22451594.jpg

お腹が落ち着いたところに、完全にご馳走攻めに合う。天ぷらの盛り合わせなんだけど・・・はい、ドーン。

e0173645_22452876.jpg

皿に収まる収まらないというレベルをゆうに超える穴子・・・あとは、水茄子、南瓜の天ぷらだな。穴子がこれまた、身がふかふかで絶品!
水なすも、もともと大きなものを使っているから、これはこれで食べ応えがすごい。水なすの内部のふわっとした質感を楽しみつつも、お腹が・・・

締めに、明太子ごはんということだったけど、さすがに2人で1つにしてもらった。豪快に明太子、丸々1つに・・・このどわっと盛っているふりかけみたいなのは、昆布・じゃこ・ごまに高菜かしら・・・を混ぜ合わせたもので、ご飯のお供にいい塩加減と、昆布の粘りがある。

e0173645_22453020.jpg

あかん、お腹がく・・・苦しい。
ビールと日本酒飲んだけど、どうだろう、全部で1人5000円はしなかったから、おまかせ料理は3000円くらいかしら。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:風の盆
場所:池田市石橋3-1-5
時間:17:00~ 月休
電話:072-761-8022

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-07-14 07:57 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/23416539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の「創作料房アン・シャンテ 」 豊中のラーメン「麺やマルショウ」 >>