石橋の居酒屋「居酒屋さくら」

大阪に戻ってから、「石橋でまた新規開拓しよ~」ということで、
4月に入ってからいくつかの店を巡り、すでにブログで書いたものもあるけど、やっぱり、初めての店は緊張するわね。
初めてとはいっても色々あって、新規オープンの店だと全く問題ない。
①何年も営業していて、②表にメニューが出ていなくて料金不明、③店内の様子が全く見えない、これに加えて、④まったくネットで情報が出てこない、これは勇気いるって。

その4つをフルスペックで兼ね備えた店にひっさびさに突撃。
阪急石橋駅西側の「MAhiro」などがある一角、「居酒屋さくら」だ。
外観から分かるのは、家庭料理をキーに、色んなものが食べられそうだというところまでだ。この草色の渋い暖簾のおかげで、「ひょっとすると、割烹だったりする?」という余計な想像まで駆り立ててくれる。

e0173645_11505544.jpg

カラカラと引き戸を開けて中に入る。
店内左手には、手前から奥へと続く調理場とカウンター席。カウンターは8席ほどかな。そして、店内右手手前に4人がけテーブルが2つと、奥に4人がけの座敷が1つ。予想をしていたよりは、広めだった。

先客は3人。うち2人はC級呑兵衛が入ってから、さほど時間が経過しないうちに勘定を済ませ、ご機嫌な感じで店を出て行った。後の一人は・・・どこかの店の主人、顔は見たことがあるな・・・常連かどうかは知らないが、店のママと、ありがちな誰それがどうしたこうしたの井戸端会議的な話で盛り上がっていた。
ま、そんなシチュエーションで始まった。

恒例、入口に近いカウンター席に腰をかけ、とりあえず、生ビールを注文する。
肴に何を注文するか悩み始める訳だが、注文をするまでに、付きだしにおからが出てきた。

e0173645_11505710.jpg

なかなかのボリュームで出てきたおからは、少し甘めでしっとり。

調理場の背にある食器棚に、いくつかのホワイトボードがかかっていて、手書きのメニューを見ると、刺身、炒め物、天ぷら、一品ものなどバラエティに富んでいる。ちぢみ、お好み焼きや焼きそばのようなコナモンもあるのね。
キムチや冷奴などの軽い一品は300~400円、あなご天や鳥肉ピリ辛炒めなどの炒め物などが400~680円の価格帯。全体的には良心的な感じだね。

今日は、雰囲気だけ分かればいいので軽くで・・・
角ハイ(400円)に、つぶ貝(500円)だけもらおうかな。

e0173645_11505901.jpg

こうしたお店には、昔から来ている常連さんが結構あったりするんだろうね。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:居酒屋さくら
場所:池田市石橋1-12-18
電話:072-761-0727

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-06-29 07:53 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/23339494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 野田の居酒屋「上田温酒場」 日本橋の「食工房あらじん」 >>