天王寺の居酒屋「スタンドふじ」

酒や酒やー昼酒や~
C級呑兵衛は、天王寺にいた。今回やってきたのは、ルシアスビルにある「スタンドふじ」だ。「旬魚が安いだけの店」という何とも男前なキャッチフレーズが憎い。

e0173645_22030109.jpg

スタンドとはあるんだけど、カウンターとテーブル席がありがっつり座れる。結構大きな店なんだけど、かなりの満員御礼だ。昼にくると、酒飲みだけではなく、お値打ちなランチを求めてそりゃもう大騒ぎさ。

ちょっと待ってカウンター席に案内される。ふと厨房側に目をやると、日本酒のメニューに太刀魚がぶら下がっていたり・・・これは期待できそうだ。

e0173645_22045941.jpg

最初にいくつか注文したんだけど、一番最初にやってきたのが、まさかの大エビフライ(480円)。「まさか」は、最初にフライが来たというのもそうなんだけど、この大振りの海老、しかも3尾だっせ。で、これが480円とはありえん・・・でもって、いい酸味の自家製タルタルソースとともに、エビフライがめっさ美味い。まじか。

e0173645_22061436.jpg

そして、刺身盛り五種(780円)。皿に盛りつけられているのは、しまあじ、鯛、ひらめ、たこ、はまち。造り盛合せにしては、色合いが白いんだけど、どれもウマウマ。ひらめなんて、ずっともぐもぐしていたい・・・

e0173645_22062211.jpg

また、珍しいものが。今日だけの大特売として、あんこうがあるのか。
あんこう七つ道具セット(500円)をもらうかな。これは、身、肝、卵巣、胃、皮、えら、ひれを揚げたり湯引きしたりと、あんこうのあらゆる部分を食べ尽くす盛り合わせなわけ。何といっても、コラーゲンたっぷりな魚だけに、どうしよ、肌ツルツルになってまうわ。
珍味ですなぁ、皮の食感もいいし、肝はクリーミーでチーズのよう。新鮮でないと出せないメニューですな。

e0173645_22063262.jpg

おいおい、日本酒のラインナップがなかなかいいじゃん。

「!」

え、どれでもグラス1杯380円てか。「獺祭」も「雨後の月」も「飛露喜」もあるというのに。「飛露喜」の上品なフルーティさがたまらんな。

e0173645_23334718.jpg
e0173645_22064154.jpg

七つ道具に続いて、あんこうの身てっさ(300円)。
ふぐやクエと違い、食感も味わいもあっさりさっぱりな感じだけど、ほのかな甘みがいいね~

e0173645_22064965.jpg

水槽の車エビおどり(1尾180円)いっとくか。
この頭部分の塩焼きが激ウマだわ。こんなにいがいがした形状なのに、軽~くサクサクっといけちゃう。おいおい、酒や酒やー、身の部分もしまってうまい!

e0173645_22065117.jpg

16時近くになると、何か違うメニューが出てきた。夜メニューなのかな。
あ!おいおい、美味そうな魚介メニュー炸裂じゃないか・・・え、もう頼めるのね。
おし、じゃあ、大間の殻付きうに(390円)を。濃厚というよりは、瑞々しくて滑らかな舌触りがたまりませんなぁ。

e0173645_22065333.jpg

新物とり貝 とんぼ刺身(580円)。
とり貝を開かずに茹でたものを「とんぼ」というのね。
あーこれうまい~このぐみぐみ感サイコーやな。この潮の香りも酒を進ませるね~

e0173645_22065559.jpg

いや~昼酒レベルの飲み食いちゃうよな、こりゃ。
でも、ついつい色々と食べたいし、飲みたくなる店だな。気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:スタンドふじ 本店
場所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-1 ルシアスビルB1F
時間:11:00~23:00(L.O.22:00)
電話:06-6648-8022

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-04-21 07:09 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/22972548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 庄内の居酒屋「筍」 蒲田の居酒屋「串カツ田中」 >>