新橋の居酒屋「ほさか」

サラリーマンのオアシス、東京は新橋
久方ぶりに合う知人H氏に連れられ、烏森神社にやってきた。新橋の中でも、風情のある一画で好きなスポットだ。その烏森神社の参道…いや境内にある焼鳥「ほさか」に入る。この店の外観も、渋くていい感じなんだよね。

e0173645_18073045.jpg

入ると、6席ほどのカウンターとテーブル席。ここだけなら10名強のキャパだけど、2Fにもテーブル席があるようだ。人気店で、次から次へと客がやって来る。
タイミングが良かったのか、1Fのカウンター奥に腰を掛けることに。

いやぁ、昭和のいい雰囲気を残しているなぁ。変な小細工も装飾もない、これぞ焼鳥屋って感じ。壁にメニューが掲げられているけど、鳥スープや皮いためを除くと、串焼きは7種。普通に単品注文はできるとは思うけど、5本セットでお願いをすることに。値段は串1本単位で書かれているが、2本ずつ出てくるぞ。

e0173645_22175356.jpg

最初に出てきたのは、相鴨塩焼(140円)。
鶏身の旨みがじゅわっと出るコクある柔らかい合鴨。炭の香りがよく、このあっさり塩加減もいい感じ。

e0173645_18071896.jpg

そして、つくね焼(140円)。
あら、香ばしく焼き上げて、軟骨入りのカリサクっとした固めの食感が美味い。

e0173645_18072082.jpg

すなぎも焼(140円)に、もつ焼(140円)。
すなぎも焼の軽いコリコリ感が、これまたグー。もつ焼きは…あ、レバーか。しっかり目に焼いている感じなんだけど、まったり質感が楽しめる。

e0173645_18072364.jpg
e0173645_18072680.jpg

そして、皮塩焼(140円)。
この香ばしさ、カリサクさ…やっぱり、この店のもつ焼きの技なんでしょうな。
そういえば、この店は、この新橋界隈では2番目に古い、そんな老舗だ。

e0173645_18072760.jpg

串は、ほかの店と比較すると少し小ぶりだ。軽く一杯くらいの感じで、美味い焼鳥をつまむ…そんなお店ですな。
また、行ってみたくなる店だ。気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ほさか
場所:東京都港区新橋2-15-5
電話:03-3591-3759

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-12-20 23:08 | 食べ歩き(焼鳥) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/22664837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 食べ過ぎ危険 激旅・北海道1泊... 蒲田の居酒屋「筑前屋」 >>