戸越の銭湯「富士見湯」

この間、戸越銀座に行った時のこと。まあ活気のあるいい雰囲気の商店街で、一杯飲みにも最高のシチュエーションだ。
ま、この時は一杯飲みに来たのではなく、温泉銭湯に入ろうと思ってやって来た。この商店街の中にあるんだよね、「戸越銀座温泉」が。

わ、銭湯だけど、お洒落感満載だな。高松の「仏生山温泉 天平湯」などを想起させるロゴ。こりゃ、期待できそうだ。

e0173645_23334776.jpg

「!」

ま、まさかの…設備点検で休みになっとるやないか!

あちゃー、近くで銭湯探さなきゃ。

で、結局、中延方面へ少し南へ歩いたところにある「富士見湯」へやって来た。

e0173645_23105807.jpg

「銭湯」ののぼりがあるから、ここに銭湯があるというのが分かりやすいけど、現代の街中にある銭湯という感じだ。
おっと、入るとすぐに下駄箱、即フロントか。脱衣所のロッカーも40ほどなので、他の銭湯よりは少し狭い感じを受ける。

でも、浴場がちょっと他の銭湯とは違う。
浴場内は、レンガ壁・モザイクタイル、そして、アーチのガラス窓など大正モダンな雰囲気。曲線を描くアームの丸電灯もいい感じ。

浴場の中央に浴槽があり、そのサイドにカランが17。桶はケロリン。ここは、ボディソープ・シャンプーの備えつけがあるんだ。
カランのある鏡が続きで横一面になっているのと、男湯女湯の敷居低いから、空間が広く感じる。ホント、いい雰囲気だわ。

真ん中に浴槽が2つ。
入口から見て手前が古代檜風呂、奥が北投石風呂
2m四方くらいの古代檜風呂は、さいたまの「稲荷湯」以来かな…やっぱり、木ってぬくもりがあっていいよな。古代檜は、樹齢が1000年を超すような巨木なんだけど、神経を休める森林浴作用に優れているんだそうな。檜の香りもいい。

もう一つの北投石風呂だけど、北投石という文字をみた途端、「ん?台湾に温泉で有名な北投という所があったよな」と思ってしまった。
が、それは合っていた。この北投石は、世界で2か所、台湾と日本では秋田の玉川温泉でしか発見されていないもので、ラジウム放射線をもつ石なんだよね。人がそもそも備えている自然治癒力のバランスが崩れた時に、そのバランスを整える効果があるそうな。

いやぁ、温まった~気持ちよかったー!

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-12-02 22:48 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/22618813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 蒲田の居酒屋「江戸前漁港」 石橋の居酒屋「炭焼 GAJIRO」 >>