蒲田の銭湯「第二日の出湯・大田黒湯温泉」(大田区の銭湯42)

JR蒲田駅から、北西の方角にてくてくと。
完全な住宅街で、車のある通りから外れると、本当に静かなところだ。道が色々と入り組んで、地図がないと道に迷いそうだ。

「…。」

あ…道に迷ってる。おいおい、どこだぁ。
暫くウロウロしていると、「あっ、あった!」、煙突を発見。

e0173645_20193034.jpg

今回、やってきた銭湯は「第二日の出湯・大田黒湯温泉」だ。
「大田黒湯温泉」の看板が、街の銭湯な雰囲気とはちょっと違うよね。

e0173645_20193377.jpg

中に入ると、フロントがあるんだけど、この赤い床と、ステンドグラスな感じがレトロでいいね。

e0173645_20194068.jpg

入口とは異なり、脱衣所は高天井に格子目、いくつか花の絵が描かれている。
体重計なども年季ものだ。

浴場は、洗い場の奥に浴槽があるタイプで、白湯2つに、黒湯。カランが23、シャワーコーナー3つ、サウナはないようですな。黒湯がえらく透明度が高くきれいだ。

ここで、何が一番びっくりしたって、銭湯の醍醐味ともいえる背景画。そう、富士山などが描かれる、あの大きなキャンバスだ。
「大田黒湯温泉」では、日本ではなくカナダの大自然が描かれている。雄大な、山、川、緑…ん~いい感じ。確かに、日本の風景ではないことも驚きの一つかもしれないが、驚いたのはその絵の中に、

「絶景だ!圧巻だ!大自然だ!カナダ!大氷原とエメラルド色に輝く絶景カナディアンロッキー6日間249000円~」

って、書き込んである…なんと、まさかのコマーシャル。
旅行会社などのスポンサーがついているとも思い難いが…

もう一つ、露天風呂もあるんだよね。
露天風呂は白湯なんだけど、なかなかの大きさだ。庭には灯篭、小さい滝や池もあって、気持ちが安らぐ。
露天風呂は入れ替え制になっているぞ。月の前半毎月1日~15日が女湯、16日~末日が男湯だ。

しっかり温まって、風呂上がりには、縁側でフルーツ牛乳。

e0173645_20193645.jpg

いやー気持ちよかった~
露天風呂がなかなか広めなので、せっかくなら入れるタイミングを狙って行こう。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
第二日の出湯・大田黒湯温泉
場所:東京都大田区西蒲田6-5-17
時間:15:00~24:30 水休
電話:03-3731-7761

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-10-20 07:38 |  L 大田区の銭湯 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/22488257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 蒲田の居酒屋「SaSaYa」 「丹波篠山味まつり」と黒枝豆 >>