蒲田の中華料理「你好」

京急蒲田駅から少し歩いたところ、繁華街に向かうまでの静かなビル街。
無機質な雑居ビルなところに、中華料理店をアピールしているのか、唐突感満載の赤の目立つ看板。

中国家庭料理の「你好(ニーハオ)」


e0173645_12533760.jpg

「你好」は、この蒲田で30年以上の営業を続ける中華料理店なんだけど、蒲田名物の羽根付き餃子をはじめ、結構メディアに取り上げられているし、多くの有名人が来ている超有名店だ。
本店はいま営業を休止しているみたいなんだけど、今回はここ、別館に入ってみることにした。

階段を下りて…おーなかなかネイティブ感がある店構え。この磨りガラスが一見客をビビらせるね~

e0173645_12533976.jpg

中に入ってみると、あ、結構な大箱じゃん。しかも、なんだろう照明かな、現地っぽいぞ。ま、スタッフもみんなカタコトだし。

e0173645_12534204.jpg

さて、生ビール(500円)をグビっとやりながら…まずは、水餃子をもらおうかな。10個で500円なんだけど、これだけでお腹いっぱいになっても困るので、ハーフ(5個:280円)を。
わ、白菜のザクザク歯ごたえがいいですなぁ。皮は軽く、もちっとしてるんだけど、つるんと食感。パクつくと、肉汁もたっぷり溢れ出す。

e0173645_12534455.jpg

そして、鍋貼(6個300円)。これが、名物の羽根つき焼き餃子だ。「鍋貼」なんて書くんだね。中国で餃子といえば基本、水餃子と聞くし、この店でも、水餃子は水餃子とメニューには書いてある。

羽根つき焼き餃子は「春香園」でも食べたが、気持ち大きめではあるが、「春香園」ほど大振りではない。焼きの羽根はとても薄く、すぐにホロホロと壊れる。
餡は、豚ばら肉と白菜、長ねぎだけを使っているそうで…お、胡椒加減がいいのかしら、スパイスがきいて美味い。
何もつけずでもいいくらいだ。
別料金(60円)だけど、特製のにんにくタレもあるようだ。

e0173645_12534638.jpg

餡がギュッと詰まっているので、箸でもっても、少々ではへこたれないしっかり餃子。だからこそ、口に入れた時の肉汁の飛び出し方が半端じゃやないんだな。皮は水餃子と違うようで、もちもち感よりはサクッと軽快な食感で食べられる。

e0173645_12534833.jpg

ん~餃子だけでお腹いっぱいになっちゃったな…
また、機会を見つけて、他のメニューにもチャレンジしてみよー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:你好 別館
場所:東京都大田区蒲田4-25-7 ハネサムビル地下1階
時間:11:30~14:00、17:00~24:00
電話:03-3734-2180

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 グルメブログ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




by nonbe-cclass | 2014-08-15 15:36 | 蒲田めぐり | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/22292225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 蒲田の蕎麦「そば新」 中部国際空港の「矢場とん」 >>