蛍池の居酒屋「若竹」

阪急蛍池駅、国道176号線沿いに渋い白提灯。
このあたりでは年季の入った店構え、「若竹」だ。敷居が高そうな感じがしたけど、店の前まで来ちゃったから入ってみることにしよ。

e0173645_11173686.jpg

入ると、カウンターに常連客が数人いたんだけど、
店に入ってすぐ右手にテーブル席が1つあったので、ここに案内される。20名クラスの宴会もできるキャパらしいので、見えている以外にも座敷があるんだろうね。

さて、まずは泉州水なすぬか漬け(480円)。いい漬かり具合で、瑞々しさ満載だわね。

e0173645_11180263.jpg

そして、九州の味‼辛子蓮根(580円)。
久々に、辛子蓮根食べたな。このわずかに鼻に来る辛子のツーンが、酒を進ませるんだよね。

e0173645_11180395.jpg

水なす・辛子蓮根を肴に、ビールで喉を潤したところで、日本酒に切り替え。酒は白鶴の「杜氏鑑」(600円)。
それに合わせるように、造りの盛合わせがやってくる。盛合わせのメニューがなかったので、2人前で適当に見繕ってもらったら、ごっついのが出てきた。

e0173645_11182481.jpg
e0173645_11182710.jpg

「何人前やねん・・・」と思わせる全体的なボリュームもさることながら、切り身の粒の大きさのごついこと。
ネタは、活はもおとしに、鯖キズシ、明石蛸ぶつ切りに、かつおたたき、おばけだ。かつおはポン酢でいただくんだけど、わお!薬味たっぷり。あ、ポン酢がまろやかで酸味控えめ、美味いですなぁ。おいおい、明石蛸の、噛み応えのある男前な食感がたまらんな。

e0173645_11184017.jpg

店のおかあさんが、とても気を遣ってくれてるわけ。カウンター客の相手をしながらも、所々で様子を見に来てくれて一声かけてはまた戻って行く。一見の客には有難いですな。
メニューにはなかったんだけど、鮎の塩焼き(500円)を勧められたのでお願いすることにした。
あーやっぱり、このほろ苦さと風味豊かな白身が美味いなぁ・・・荒塩だけでも、どんなけ酒飲めるか(笑)

e0173645_11184198.jpg

店に入るときから、「どうする?注文する?」と悩んでいたんだけど、結局、最後に注文したのが、活・天然岩かき(大1700円、中1200円)だ。とーんと、大いっちゃえ。牡蠣は三重産で、大きな皿にドカーンと1粒。
ここに、酒は池田の「呉春」(600円)を。
岩牡蠣だけど、こってり濃厚なミルキーさがあるわけではなく、どちらかというとあっさりと瑞々しい感じだったな。食べ応え十分だ。

e0173645_11191920.jpg
e0173645_11193765.jpg

おかあさんが、この牡蠣の殻を植木のところに置いておくといいからと、しきりに持ち帰りを勧めてくれたんだけど、これを置くとなると、その代わりに植木をのけないといけないくらいのスペースしかないので、丁重にお断りした。

家族で行ったんだけど、非常に居心地のいいお店だったな。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:若竹
場所:豊中市蛍池東町2-5-3 クレール若竹ビル 1F
時間:11:30~13:30、16:00~22:30 火休
電話:06-6841-2472

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-06-15 12:16 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/22112584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 十三の居酒屋「中島酒店(くれは)」 蛍池の焼肉「たかみ」 >>