十三の居酒屋「十三屋」

最初に。
十三の居酒屋って今まで、「居酒屋めぐり(関西)」というカテゴリでネタを書いてきたんだけど、過去のネタも含め、新たに「阪急十三 居酒屋」というカテゴリを設けたよん。十三で飲もうかな・・・と思う人は参考にしてねー
パソコンでブログをチェックしている人は、ブログページの右側のカテゴリからどうぞ。


さて先日、平日に休みを取ったので、午後から十三に向かった。
しょんべん横丁の解体工事が始まり、また、焼肉「請来軒」の仮オープンなどがメディアで話題になっている中、
十三駅東口側で営業を始めている「十三屋」に行ってみることにした。

e0173645_10385632.jpg

「!」

おいおいおい、平日の今は・・・14時半少し前。満員御礼状態じゃないか!
ま、この路地入ってから、店の盛り上がりが漏れ聞こえてきたから、まじか!とは思ったけども。
しょんべん横丁の店舗ほど、もちろん広くはない。でも、あの活気や雰囲気は健在ですな~
ちょうど人が出て、かろうじてカウンター席が空いたので、おじゃますることに。
カウンターは7席、テーブル席は4人掛けが4つというキャパだ。

いつものおやっさんもいて、何だかホッとするな。
じゃあ、ビールを大瓶(450円)で。

カウンター一番奥に座って、店入口のホワイトボードを遠目に眺める。
あれ?鯖造りあるんちゃうん?と、おやっさんに注文して厨房に通ると、「え?鯖なんか書いてる?」と返りが・・・雲行きが怪しいなと思ったら、鯖ではなくて鯛って書いてあることが判明
おやっさん頼むでーとか思いながら、ボードも何かを消した後のと一緒になって、鯖に見えたんだよな。

じゃあ・・・恥ずかしい思いをしたところで、トーンと本鮪造(700円)いただこうかな。注文では「上マグロ~」って言ってたな。
もちもちもちとした質感がええですな。

e0173645_10385019.jpg

店のキャパは小さくなっても店員の数は今まで通り?なので多い気がするな・・・厨房の勝手も違うだろうし、狭い中を工夫しながらって感じ。でも、和気藹々としているところが店の雰囲気にもなっているんだよね~

子持ちいか塩焼(350円)を。
小ヤリイカ?飯イカ?よく分かってないんだけど、ホントいかめしが如く、ご飯が詰まっているかのような食感でウマウマ。イカそのものの食感は柔らかいんですなぁ。

e0173645_10385246.jpg

あと、生しらすポン酢(350円)。
ねっとりもったり感が満載の生しらす。つるっといって、滑らかな食感を楽しむ。ウメ~
あーこりゃ、日本酒が欲しくなるなぁ。

e0173645_10385409.jpg

いい昼酒が出来てよかったーまた来よ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:十三屋
場所:大阪市淀川区十三東2-11-14
電話:06-6309-8816

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-05-25 14:10 | ・阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/22047762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 南海電鉄「赤い彗星の再来 特急... 三鷹のラーメン「中華そば みたか」 >>