パラダイス観光 鬼ヶ島・屋島(4)

さて、これだけ高松に来ていながら、実は屋島が初めてだったりする。「山田家」に行くために、前を行ったり来たりしているのにね。
高松を東西に走る国道11号線、琴電屋島駅あたりで北上し屋島ドライブウェイに乗る。すると、まもなく、右手に「源平屋島古戦場」の案内がみえる。

e0173645_11254194.jpg

川西能勢口にある銅像でお馴染み源義仲、彼に敗れた平氏が、大宰府に落ち延びた後、屋島を本拠地としたわけ。この後、源義経の奇襲攻撃で平氏は敗れるんだけど、その現場ですな。

さらに進むと・・・
ん?ミステリーゾーン?
あーなるほど、この写真みると、下り坂の先に上り坂があるようにみえるけど、ここ全部上り坂なんだよね。

e0173645_13095460.jpg

山上に到着し、車を駐車場に止める。
やはり、源平屋島合戦の屋島ということで、その時に活躍した登場人物などが紹介されている。

e0173645_13145318.jpg
e0173645_08420660.jpg

少し進むと、四国八十八ヶ所霊場第84番札所、屋島寺がある。創建は、日本史でもお馴染みの鑑真だ。中国から日本へ来る航行中に失明した話は有名だけど、途中、瑞光さす屋島北嶺に立ち寄り、普賢堂を建立し普賢菩薩と経典を納めたのが始まりとされている。
本堂は、室町時代に再建されたものらしいけど、朱塗りの褪せ具合といいなかなかの年季もの。もちろん、国指定重要文化財。


e0173645_08445659.jpg
e0173645_08450473.jpg

さっきから、狸がちらちら目につくんだよ・・・
本堂の隣りにあるのは、蓑山大明神だ。日本昔話などで、狸が登場して人を化かしたり助けたりする話があるけど、全国にそうした狸がいる中で、超有名な狸が、日本三名狸として数えられ、その一つがここの狸なんだそうな。日本三名狸って・・・

e0173645_09171318.jpg

ある狸が怪我で死にそうなところ、平家が助けてくれたそうな。恩義を感じた狸はその子孫まで、平家に尽したそうな。平家滅亡後は、この屋島寺の守護神となり、
四国狸の総大将「太三郎狸」として土地の氏神になったとさ。「太三郎狸」は、映画『平成狸合戦ぽんぽこ』でも登場したんだって。

さて、屋島寺を出てさらに奥へ進むと、あ、お店が並んでますなぁ。帰りにちょっと、立ち寄ってみるか。

e0173645_09401723.jpg

大きな売店・食事処「れいがん茶屋」の先、獅子の霊巌という場所にたどり着いた。この崖のところに、獅子の形をした岩があるらしいんだけど、ここからの景色もよろしいですなぁ。

e0173645_09483886.jpg

お、かわら投げあるじゃん。
そういや、さっきの軒を連ねる売店の軒先でもかわらを販売していたな。
勝利を収めた源氏が勝どきをあげる際、陣笠を山上から投げたというところに因んでいるんですな。厄除けの素焼き皿(かわらけ)を、どこまで遠く投げられるか。なんか、「ここ通せるかな?」的なリングが掲げられているので、皆、そこを通せるか張り切っている。まぁ、なかなか思い通りには飛ばないわね。

e0173645_10124300.jpg
e0173645_10125063.jpg

さて、かわら投げで腕を痛めたところで、「れいがん茶屋」に入ってみる。充実したお土産ものの販売までは良かったが、一緒に鎧兜を48万円で販売しているところが凄い・・・せめて、誰のものなのか、勝者のものなのかくらいは教えてほしいところだ。

e0173645_10213416.jpg
e0173645_10213667.jpg

帰り道で、「清風亭」に立ち寄る。
軒先で地だこを販売しているのが気になっていたからではあるんだけど、それ以上に、この細かいフィギュア・・・あ、売ってるのかよ!一体、この観光地にはどんな観光客が来るんだよ・・・
とか思っていたら、海外からの観光客が、がん見していた。

e0173645_10214256.jpg
e0173645_10214508.jpg

屋島名物の地たこのおでん。確かに、さっきの「れいがん茶屋」でも販売されていたな。瀬戸内の海で獲れたたこを頬張れるわけですな。
串に刺さっているおでんで、歩きながら食べるのが名物か・・・
そのスタイルよりも、「喰いながら歩くのが」っていう表現が野蛮な気もする。しかも、「屋島では・・・」の、その点々が気になる。
地たこのおでん(450円)は、柔らかい中にもいい弾力が口の中ではじける。

e0173645_10383591.jpg
e0173645_10214756.jpg

最後は、東かがわ市に移動し、「絹島温泉 ベッセルおおち」でひとっ風呂。カルシウム・ナトリウム-塩化物泉、泉温が18.2度。加温循環式で消毒ありだけど、大きな施設で色んな種類の浴槽があるのと、オーシャンビューの露天風呂が気持ちいい。

e0173645_10503144.jpg
e0173645_10503370.jpg

さぁ、そろそろ大阪に戻って行くか。

「パラダイス観光 鬼ヶ島・屋島」(完)

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ●C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-05-18 11:18 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/22014192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋のラーメン「ラーメンおくや」 パラダイス観光 鬼ヶ島・屋島(3) >>