パラダイス観光 鬼ヶ島・屋島(3)

鬼ヶ島で鬼と仲良くなって帰って来たわけだが、
高松市内には、その真逆的な場所がある。鬼無(きなし)だ。桃太郎伝説の中で、桃太郎が鬼ヶ島へ鬼退治に行った後、めでたしめでたしではなくて、鬼が逆襲してきたそうな。でも、桃太郎がやっつけちゃって、その屍を埋めた場所なんだそうな。

e0173645_23191785.jpg

JR鬼無駅のホームには、ゲームソフトでお馴染み「桃太郎電鉄」のキャラクターが石像になっている。これ、地名「鬼無」にちなんで、ハドソンが寄贈したというから面白いね。

e0173645_23191964.jpg

さて、今回の讃岐うどんツアーは1泊2日だったんだけど、女木島・鬼無が初日で訪れたところで、ここから先は2日目だ。「麺処 綿谷」で肉ぶっかけを堪能したところで、休憩がてらに向かったのは丸亀城、生駒親正による築城だ。

なんか、懐かしいのんびりした雰囲気が・・・アイスクリンには泣ける。

e0173645_23192598.jpg

「!」

ちょい待ち・・・のんびりした雰囲気をさらに醸し出しているのが・・・景色に馴染んでるから見過ごすとこだったわ

e0173645_23193098.jpg

このキャラクター、丸亀の名物グルメ「骨付鳥」のマスコットキャラクターで、「とり奉行 骨付じゅうじゅう」というそうな。丸亀城にいるから、殿様かと思いきや、確かに頭の部分は骨付鳥だわね。
観光客に寄って来ることもなく、ひっそりおとなしく佇んでいるのが、おちゃめだ。

さて、丸亀城は「石垣の城」とも呼ばれていて、このべらぼーに高い石垣が特徴ですな。きれいな曲線を描いていて「扇の勾配」と呼ばれている。
急な坂を上ったところで、「ちっちぇーな」と思う天守だけど、全国に現存する木造天守十二城の一つなんだよね。小振りだけど、どっしり安定感があるよね。

e0173645_23193330.jpg
e0173645_23193532.jpg

丸亀城のある、この亀山からの景色もいいですな。讃岐富士(飯野山)をはじめ、少しかすんだ先にみえる山々。あと、桜の時期、ここいいと思うよ。

e0173645_11093740.jpg

この後、引き続き、讃岐うどんツアーで「池内」「なかむら」をめぐり、屋島に行くことにした。

続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-05-17 11:16 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/22001082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< パラダイス観光 鬼ヶ島・屋島(4) 神保町のラーメン「肉そば総本山... >>