パラダイス観光 鬼ヶ島・屋島(2)

「鬼ヶ島大洞窟」を出たところ、ん?なんか鉛筆の束のような岩が・・・人工的にこんなん作るわけないよな。
これ、柱状節理って言うんだって。500万年前にドカーンと噴出した溶岩が冷えて固まった岩石で、なんでか五角柱とか六角柱でこんなことになるんですな。

e0173645_08173878.jpg

ここから少しだけ山手に上がって、鷲ヶ峰展望台へ。おーっ!絶景かな絶景かな。素晴らしい!360度のオーシャンビュー。

e0173645_23403682.jpg
e0173645_23414877.jpg

「!」

絶景に喜んだのも束の間・・・ふと、青い海に視線を向ける。
乗ろうとしていた男木島からのフェリーが入港してくる姿を見てしまった・・・全然間に合わないじゃん。

e0173645_23443600.jpg

ま、せっかく来たんだし、もう少しサイクリングを楽しむとするか。
下り坂は楽だわ~

坂の途中のこの一戸建、映画「釣りバカ日誌1」で使われたんだって。鈴木建設四国支社・高松営業所に勤務していた浜ちゃんが、女木島で購入した一戸建てという設定だ。

e0173645_23453870.jpg

「おにの館」近くの海岸線まで出て、鬼ヶ島海水浴場へ向かってみる。砂浜もきれいし、海も透明度が高いや。静かでいいねー
ここが、夏になると、たくさんの海水浴客で賑わうんだろうね。

e0173645_08175185.jpg

海のそばに、アート作品が。「瀬戸内国際芸術祭2013」の時に展示された、禿鷹墳上「20世紀の回想」。グランドピアノの上に4本の白い帆がなびく。
そして、防波堤にこれでもかとかもめ・・・木村崇人「かもめの駐車場」

e0173645_08175378.jpg
e0173645_07574572.jpg

これは・・・アート作品ではなく、本当のモアイ像
意外と話が凄くて、イースター島の倒れたモアイが1995年に再建されたんだけど、それって、日本、この高松市の建設重機企業が実現したんだよね。吊り上げテスト用に模刻像が造られたのがこれで、最終的には高松市に寄贈されてここにあるわけ。

e0173645_08175698.jpg

一度は「おにの館」に戻ったんだけど、まだ少し時間があるので、島の最南端にある女木島灯台まで足を伸ばしてみる。15分位かしら。
道はほぼ一本道なんだけど、最後の入口部分だけが分かりにくい。あ、山の斜面に、遠くからでも分かるように「鬼ヶ島」の看板
・・・が、ここまで来ると、微妙に来すぎてるんだよね。

e0173645_08175855.jpg

少し、戻って、あ、この山道を降りるのか・・・すると、眼下に灯台が現れた。場所が広くないので、全体を撮るのが難しいな・・・こんな感じ。

e0173645_22504762.jpg
e0173645_08180014.jpg

港近くの住宅エリアも雰囲気がいい。
狭い路地も魅力だし、あと、この防風のためにある高さ3~4mの石垣も印象的。女木島は、冬になると霧状の季節風が吹くそうな。この石垣を大手(おおて)と呼ぶんだって。

e0173645_23524838.jpg
e0173645_23524594.jpg

港には、海上でプカプカ浮いてそうなグッズが色々と・・・

e0173645_08061955.jpg
e0173645_08061705.jpg

入港の際に見た防波堤の鬼も見に行っておこうかな。
正式名称は、「女木港鬼ケ島防波堤灯台」。鬼に金棒のこの金棒部分が、灯台になっているんだねー

e0173645_08062114.jpg

さ、戻って行くか。

え?17時20分発が最終か。
17時になれば、「おにの館」のスタッフの人も片付け始め、一緒の船に乗り込むんだね。
レンタサイクルで正解だったし、慌てて帰る必要もなかったな。いい時間が過ごせた。

続く。

  【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-05-14 22:57 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/21993695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 神保町のラーメン「肉そば総本山... パラダイス観光 鬼ヶ島・屋島(1) >>