石橋の居酒屋「仁平」

久々に、石橋の「仁平」の暖簾をくぐる。新鮮な淡路産の鶏が楽しめるお店だ。

造りからもらおうかな。刺身三種盛り合わせ(720円)を。
この店の造りは、木の器に氷を敷いて出てくる。中でも、臭みの全くないプリプリ肝と、大振りな砂ズリがグー

e0173645_07574250.jpg

焼き鳥は、1人前2本で、いずれも1串120円。
ねぎみとハートがやってきた。ねぎみはタレ焼なんだけど、鶏の味を引き立てるあっさり味。鶏身がやわらけー
ハートは焼きすぎず塩焼きで。プリッと食感が楽しめる。

e0173645_07574424.jpg
e0173645_07574719.jpg

ねっく、そして、酒は飛良泉本舗「飛良泉」山廃純米(760円)。
「仁平」の焼鳥は、どれもネタが大き目で、鶏身が非常に柔らかい。このネックも食べ応え十分だ。「飛良泉」のバランスの良い酸味と旨味が、焼鳥に合いますなー

e0173645_07575171.jpg

皮にずりですな。
皮がカリッと焼き上がり香ばしい。こりゃ、酒が進む珍味ですな。

e0173645_07580209.jpg
e0173645_07581054.jpg

さて、鶏串以外で・・・牛ロース(2串480円)を。
こちらは、みぞれポン酢で。あ、牛肉も鶏身に負けず柔らかいですなー

e0173645_07575493.jpg

いやぁ、手羽先(2本320円)が美味いわ。
さっきの皮もそうだけど、表面をしっかり焼いてカリカリなところに、中から現れるふっくらジューシーな鶏身がたまらんわね。肉質しっかりの手羽は、肉食べてる感があるわ。

e0173645_07580405.jpg

こちらは、仁平特製唐揚げ(480円)。
自家製タルタルソースで。カリサクッの衣もしっかり味がついて美味しいなぁ。

e0173645_07580678.jpg

そうそう、Jr.はどこへ行ってもいつも米は欠かさないが、
この店の米は、地元にこだわっているんだよね。地元新米の塩おにぎり(240円)は池田産で、農家から直接仕入れているそうな。地のものを味わえるっていいよね~

e0173645_07584038.jpg

う~食べた食べた。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:炭火焼鳥 仁平
場所:池田市石橋1-3-7
時間:17:00~24:00(日は15:00~22:00) 水休
電話:072-763-0551

by nonbe-cclass | 2014-03-30 08:55 | ・阪急石橋 焼鳥 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/21820098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の居酒屋「肉バル Mooo... 阿倍野の明石焼「たこつぼ」 >>