雪に笑い雪に泣け!渋温泉・志賀高原2泊3日(6)

雪に笑い雪に泣け!渋温泉・志賀高原2泊3日。

横手山頂ヒュッテで、ロシア料理と美味しいパンを堪能し、昼を回ったところでようやく滑りに入る。横手山頂からはまず、渋峠方面、渋峠スキー場のゲレンデ側に降りていくことにした。きっつい冷え込みは相変わらずだが、さすがにここの雪質は最高ですな。

e0173645_09184827.jpg

ウェーバーコースを滑り降りたところには、渋峠ホテル
「マジンガーZの、あしゅら男爵か!」・・・途中で増築でもしたの?と思ってしまう建物、真ん中で色が変わっているんだよね。
でも、よーく見ると、「ぐんま」「ながの」の文字が…そう、ここ県境の宿で、建物が長野県と群馬県にまたがっている。

e0173645_09333553.jpg

渋峠第1ペアリフトに乗り込み、先程のウェバーコースとリフトをはさんで反対側、グミュートコースを滑走して、横手山エリアへ戻っていく。

e0173645_09481458.jpg

横手山頂からキングコース、第2スカイリフトをくぐって第2ゲレンデへ。横手山からの雄大な景色も最高ですな。

e0173645_10044709.jpg
e0173645_10045072.jpg
e0173645_10045304.jpg

第2ゲレンデ前で、たまたまシャトルバスが行き来しているのを見かけ、これに乗って、熊の湯スキー場に移動してきた・・・が、移動してきて早々、レストラン「ベル・ドール」で休憩。地ビール「志賀高原IPA」と野沢菜でまったり。あ、風味豊かで美味い!

e0173645_10233791.jpg
e0173645_10234070.jpg

熊の湯スキー場は、滑走距離が最大でも1km程度で、そんなに大きなスキー場ではないんだけど、結構楽しめる。
というのは、他のゲレンデではあまりないんだけど、木々の間をすり抜けて滑ることができるんだよね。でまた、木と木の間に妙な山が出来たりして、ちょっとしたジャンプが出来るので、子供達がキャーキャーいって盛り上がっている。

e0173645_10234319.jpg
e0173645_10234658.jpg
e0173645_10234907.jpg

まじか・・・
とにかく、滑れる時間まで目いっぱい滑って、そろそろ帰ることにしたんだけど、激渋滞。昨日はそんなことなかったのに・・・

e0173645_10535171.jpg

これがまた危険で、路面が完全に凍っているわけ。
今回の旅行で、レンタカーなのにチェーンを購入する羽目になったものの、これで随分安心・安全を買うことが出来たはずだ。それでも、この路面に出くわしてしまうと、歯が立たない。この渋滞なので、ほとんどアクセル踏めない状態ではあるけど、ブレーキを掛けると、完全にタイヤが滑ってるよな・・・
とにかく、志賀高原にスキーに来るなら、スタットレス・4WDとか関係なく、どの仕様であっても、チェーンは必須だ

これのおかげで、ホテルの夕食時間に間に合わず。ま、連絡して「大丈夫ですよ」という話しだったが、結果、1時間遅れで戻ってきた。聞くと、この渋滞は、特段珍しいものではなかったみたいなんだけど、いつもこんな感じなら、もうちょっと道路に何か対策打ってくれよ的な。

さて、夕食。
わー、おぼんに所狭しと器が並んでますな。お造りは、地元の信州サーモンと鯉の洗い。ウメー
ボリュームたっぷり、お野菜も滋味で美味いし、満足満足。

e0173645_10534855.jpg

さ、明日は大阪に向かって戻っていかなきゃならない。
夕食を早々に済ませて、また夜の温泉街に繰り出さなきゃ。

続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-02-15 11:23 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/21687467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 雪に笑い雪に泣け!渋温泉・志賀... 石橋の居酒屋「治助」 >>