「ジャッキーステーキハウス」~食の暴走 那覇2泊3日(9)

食の暴走 那覇2泊3日。

「琉球料理 えなみ」でたらふく飲み食いをし、店を出る頃には23時近くになっていた。
完全に酒に飲まれて、一足早くホテルに戻るのが1名いたが、残る4人はここで終わらなかった。

我々一行は、眠らない街、歓楽街の松山から西へ歩き始めた。
どうだろう、20分くらい歩いたかしら。閑静な住宅街を通り抜けた先にある店に到着だ。
タクシーの移動でも良かったところを、「歩いて少し腹を落ち着かせる」という訳のわからない挙動が、少しでも役に立つことを祈る。

「ジャッキーステーキハウス」だ。
沖縄でステーキを食べるとなったら、まず筆頭に挙がる超有名店ですな。1953年創業の老舗だ。
もう、ステーキを食わせる気満々の店構え。

e0173645_08453688.jpg

まさかの2日連続、夜中のステーキかぁ。
昨日はまだ、呑んだ後、少し時間が空いたから腹に余裕があったが、今日は食べてすぐだからな…
このやんちゃでコミカルな看板が挑発的だね~
混んでて、ちょっと待つとかにならないのかな…

e0173645_08453976.jpg

あ…すぐ入れるのね。クソッ、すきがない…

e0173645_08454146.jpg

さて、店の中に入ると、何だろう、懐かしい大衆食堂の雰囲気に、165系のクロスシート的なテーブル席(え?意味が分からないって?)が印象的。昨日の「ステーキハウス88」もそうだけど、もっとアメリカンな感じかと思ったら、意外と日本的なんだよね。ファミリーレストランの走りのようなセピアな空気感が、当時のハイカラなイメージを残している。
それにしても、こんな時間にステーキを食べに来る客が多いとは…「ステーキハウス88」と比較すると、結構若い客が多いかな。

e0173645_08454300.jpg

注文したのは、がつんとテンダーローインステーキ(250g:2100円)
昨日は、サーロインだったが、あっさりヒレに期待してみる。最初に、スープとサラダがやってくる。ご飯がないこのセットは、どこも同じスタイルなんだね。

e0173645_08454519.jpg

きたきた。
「琉球料理 えなみ」で、店の好みや、肉の焼き具合をどうするかという話が出た。肉のボリュームがボリュームなので、ある程度レアで持ってきてもらって、後は鉄板の熱で焼き上げるといい、ということだった。
で、レアで持ってきてもらったら、こんな感じ。もはや、炙りって感じなんだけど・・・これを食らうって、俺は野獣か。

e0173645_08454713.jpg

なるほど、テンダーロインというだけあって、肉質そのものは繊細で柔らかい。赤身のアニマルな味わいがたまらんわね。

ただ、個人的な好みとしては、昨日の「ステーキハウス88」に軍配が上がる。これは、肉をどのような形で味わうかが違うから、本当にそれぞれの好みだと思う。
「ステーキハウスジャッキー」は、肉そのものの味を楽しむ。肉そのものに味はついていないので、ここに、ステーキソースをかけて食べるスタイルだ。
「ステーキハウス88」は、肉そのものにスパイスが効いているので、ソースを使わず、そのままでも楽しめる。
そういう意味でいくと、「ステーキハウスジャッキー」の肉をソースでなくて、塩胡椒で食べると、最強なのかもしれないね。

e0173645_08455015.jpg

ていうかさ、結局、またペロッと食べちゃってるんだよね。
恐るべし、沖縄のステーキ。

さ、早くホテルに戻って寝るぞ。
続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ジャッキーステーキハウス
場所:那覇市西1-7-3
時間:11:00~25:30
電話:098-868-2408

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-01-23 10:31 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/21602761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 谷町の「食堂チアリ」 「琉球料理 えなみ」~食の暴走... >>