「琉球料理 えなみ」~食の暴走 那覇2泊3日(8)

食の暴走 那覇2泊3日は、2日目の夜。

今日の夜は、あらかじめ予約をしているという店にやってきた。
おや、なかなか敷居の高そうな料亭ですかな…琉球料理と酒膳「えなみ」だ。

e0173645_11334922.jpg
  

店に入り、すぐ左手の個室に案内される。
ビールの肴に最初に出てきた小鉢。砂肝、島らっきょ、青菜のおひたし。

e0173645_11390872.jpg

そして、お造りの盛り合わせ。しゃこ貝、島たこ、ミーバエと沖縄らしいラインナップ。ミーバエはハタで、しっかり食感で白身で旨味がある。

e0173645_11391236.jpg

こちらは、スーチカ。豚の三枚肉を塩漬けにしたもの。塩漬けといっても、そんなに塩辛いものではなく、酒の肴にぴったりな一品ですな。

e0173645_11391448.jpg

酒は、途中からもちろん泡盛に。
醤油入れの様に、細い注ぎ口がついた陶器の入れ物に入って出てきた。この陶器、カラカラと呼ばれるそうな。これがベースになって、焼酎を入れる九州の千代香(ぢょか)が生まれたみたい。

e0173645_11452434.jpg

ソーミンチャンプルが来て、その後に、コロッケ?…どぅるてんというものだ。聞くと、たろいもを蒸してマッシュして、コロッケみたいにしたもの。芋に粘りが相当あるのか、ねっとりねばりが強く、モチっとうまい。

e0173645_11391855.jpg

くーぶいりちゃー(昆布の炒め物)に、あ・・・この紫の葉っぱ、ハンダマだ。ホテルチュラ琉球の朝食に出てきたやつですな。ぬめりがあって、身体に良さそう。
そして、アーサ(アオサ)の茶碗蒸し。潮の香りが心地いいですなぁ。

e0173645_11464944.jpg
 
e0173645_11392267.jpg

お、ボリューミーに、アグーのソーキが出て来たな。
結構、普段食べる角煮は、しっかり煮込んであるものの、味付けそのものは比較的あっさりしたものが多かったりするんだけど、これは、結構、酒飲みアイテムで濃い味つけになっている。

e0173645_11433353.jpg

急に、何か可愛いのが出て来たな…
あ、豆腐ようだ。これ、泡盛の風味が口いっぱいに広がった後、チーズみたいに、超濃厚でしっとりした舌触りがたまらんのよね。ピンクがかった色になっているのは、紅麹を使っているからだ。

e0173645_11424919.jpg

でました、ナーベラー味噌炒め
ナーベラーとは、へちまのこと。ピリ辛に味付けされているんだけど、ナーベラーそのものはクセもないので、非常に食べやすい一品だ。

e0173645_11435712.jpg

これは、メンバーで賛否両論な評価だった、ポチギ
見た感じで分ると思うけど、ソーセージですな。ハワイなどで食されているポルトガル風のピリ辛ソーセージだ。
何が賛否両論なのかというと、普通は、ソーセージを作るにはポークを使うと思うんだけど、これ、ヤギなわけ。
これが出てくる前に、ヤギの造りやヤギ汁の話になって、クセのあるものを(アレンジなしに現地のものそのまま)ちゃんと食べたことがない、と言ったところ、これが出てきた。
なるほど、C級呑兵衛にとっては、それほど気になる…いや、ま、ちょっとクセがあるか、ってな感じだったが、この味に慣れてない人が食べると、箸の伸びないことがあからさまに分かる。

e0173645_11440882.jpg

鶏のチューリップ揚げがでて、最後にカツオだしのソーメンがシメに。あ、生姜がきいて美味いじゃん。わー・・・お腹パンパンだわ。

e0173645_11442359.jpg

最後に、泡盛の紹介をしておこうかな。
まずは、沖縄県酒造組合の「海乃邦」から、10年古酒43度。おー…香りがぐっとくる感じと、この深みというかコクが良いですなぁ。

e0173645_11461170.jpg

そして、容器からして個性的な、瑞泉酒造「瑞泉」おもろ21年古酒。これ、12000円位する結構なグレードの泡盛だっせ。「瑞泉」の安定感はあったとしても、もう別物って感じですな。重厚感のある味わいがクセになる。

e0173645_11461347.jpg


これは、呑んだことがあるよん。ご存知、国泉泡盛の「どなん」。「どなん」にも幾つかのグレードがあるけれど、これは、もちろん60度だ。日本国内で醸造している酒としては、最高峰の度数ですな。美味いんだけど、喉がヒリリと焼ける。

e0173645_11461525.jpg

最後に、久米島の久米仙から、「久米仙」の「球美」18年古酒。これは、43度ですな。あら、これはあたりが柔らかいというか、滑らかですなぁ。ウメー

e0173645_11461659.jpg

いかん、相当呑んじゃったなぁ…ま、相当に食べてもいるけど(笑)
これで、一人1万円くらいだったかな。随分と、地元のものをいただきました。

さ、店を出るとしよう…

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:琉球料理 えなみ
場所:那覇市松山2-20-13 ミネビル1階
時間:17:00~23:00 日休
電話:098-863-1530

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2014-01-23 08:30 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/21588056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「ジャッキーステーキハウス」~... 富山の居酒屋「越中茶屋」 >>