居酒屋「炙るチェリチェリ」~食の暴走 那覇2泊3日(3)

食の暴走 那覇2泊3日。

初日夕方、ホテルに到着。今宵は、繁華街の国際通りからも近い、ホテルチュラ琉球にお世話になる。

e0173645_17010528.jpg

外に食べに出るから食事なしのプランなんだけど、やっぱり、大浴場があるのが嬉しい。温泉地に来ているわけではないので、外に出ても大浴場は期待できないし、ホテルで大浴場があるところも、そんなにはないようだ。
着いてまもなく、まずはひとっ風呂。

e0173645_17010702.jpg

さて、今日の夕食はどうするか。
ま、このネーミングに魅せられてここにするか・・・国際通りから、ちょい入った所にある古民家。いい感じでオレンジの明かりが手招きしてる。

「炙るチェリチェリ」だ。

e0173645_17080405.jpg
e0173645_17080754.jpg

人気店みたいで、実際に地元企業の飲み会も重なり、どうしようかと思ったんだけど、せっかくだし・・・と、入ることに。

付き出しには、自家製豆腐。ほのかに甘みに、滑らかな舌触り。

e0173645_17221637.jpg

2時間半飲み放題で1800円ときた。え?ほとんどの酒OK?これは外せないでしょ。
店内の笑顔の素敵な女性スタッフから、この混雑なので、食事を出すのに時間がかかるかもしれない、と言われたけど、いやいや、意外とさっと出て来たよ~
塩島らっきょ(480円)にスクガラス豆腐(380円)。

e0173645_17221987.jpg
e0173645_17222136.jpg

そして、あぐ~ギョウザ(6個680円)。わ、肉汁がすごいな。美味い美味い。

e0173645_17463243.jpg

「炙るチェリチェリ」と店名にあるように、沖縄の食材を備長炭でじっくり炙るのが特徴だ。
鶏せせりのタレ炙り(550円)は、県産鶏をじっくり炙った一品。しっかり肉質に炭の香りが絶妙。

e0173645_17463951.jpg

自家製つくね(680円)、これまたハンバーグみたいに大きなのがドーン。卵の黄身よりでかい…これもアグーを使っていて、表面はしっかり焼き上げているんだけど、ミンチそのものの甘みやコクが、やっぱり他と違うわね。美味い!

e0173645_17464388.jpg

豚かしらの炙り 柚子こしょう添(500円)。シャクシャクした食感で酒が進むね~

e0173645_17464513.jpg

ぐるくんは唐揚げで食べることがほとんどだったんだけど、塩焼き(980円)があったので、注文してみる。
すると、ぐるくんって、そこそこの大きさなんだけど、鮎の塩焼きみたいに丸ごとで出てきた。箸を入れると、肉厚な白身が姿を現す。淡白な味ながら、ふっくらふわふわで美味い。

e0173645_17464673.jpg

ガンガンに呑んだなぁ。
沖縄もんを色々と味わえてよかった。
続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:炙るチェリチェリ
場所:那覇市久茂地3-8-19
時間:17:30~25:00(L.O.24:00)日は~24:00(L.O.23:00)
電話:098-861-1020 

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ●C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-01-05 09:21 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/21531372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「ステーキハウス88」~食の暴... 「道の駅かでな」「コザ・ゲート... >>