2014年の初詣は、熱田神宮から

何だろうね。元旦から何してんだか…

え?あ…
明けましておめでとうございます。また、こんな感じでブログを書いていくので、良かったら、また読んでね。

さて、年末まで出かけて身体はヘロヘロなはずなのに…1日早々、どこにいるかというと、熱田神宮ですな。

熱田神宮周辺の交通状況がよく分からなかったが、近寄りすぎると渋滞で撃沈すると思ったので、1つ手前の駅、金山総合駅(JR・名鉄金山駅)前の駐車場に車を止めて、名鉄で移動することにした。金山駅前も、商業施設もあって賑やかなところですな。

e0173645_23112442.jpg

さて、熱田神宮といえば、延喜式名神大社に名を連ねる由緒ある神社で、「神宮」と称する中でも、三種の神器のひとつである「草薙神剣」が祀られてる
織田信長が、「桶狭間の戦い」出陣の際に、戦勝祈願をした場所として知られているわね。そのイメージもあり、「勝ち」を想起させる力強さにあやかろうと、この名古屋までやってきた。

熱田神宮は、名鉄神宮前の駅前にあるため、駅前の道路は通行止めになっている。参拝客の混雑に配慮して、境内も決まったルートで前に進む。両サイドには露店がずらっと並んで、テンションがあがる。

e0173645_23113179.jpg

激混みは覚悟の上だったけど…あ、手水の段階で激混みか。

e0173645_08392563.jpg

ま、そこから後、参拝まではもちろん混むわね。ここでは、警察官がロープで仕切って、参拝の移動制限をかけている。

e0173645_08423805.jpg
e0173645_08422282.jpg
 
「わーこれは時間かかるな」・・・と諦めがちだったんだけど、意外と前に進むペースは早かった。

これだけの混雑なので、遠目からお金を投げても良かったんだけど(危ないのでやめようね)、今回は、ちゃんと一番前まで行けるまで待って、お参りをしてきたぞ。

e0173645_08502835.jpg

参拝後、もみくちゃになりながら列から出て、破魔矢とおみくじを。なるほど、「あせるな、騒ぐな、静かに構えて身を守れ」か。こりゃ、全身全霊オーラを消して1年過ごさなきゃ(笑)

e0173645_08531003.jpg

さて、お楽しみの露店だけど、ここもかなりの数が出てますな。全国各地のご当地グルメの露店もすっかり定着したな…それにしても、他で見たことがない露店が結構あるんだよな~
ちょっと、変り種紹介しとこうかな。

まずは、揚げパン。給食というワードが目につくんだけど、コッペパンがなつかしいですな。揚げた後に、シナモンや砂糖をまぶしたりなんかして(実際のところ、自分の給食時代、コッペパンは主流だったが、揚げパンというものがほとんどなかった気がする)。

e0173645_08591455.jpg
e0173645_08590939.jpg

もう一つは、ずわい天
軒先にずわいがにも置いてますな。ずわいがにと白身魚を使った・・・とあるけど、要は、ほぼほぼ蒲鉾かな、と。ま、塩加減きいて悪くないけどね。珍しいから、注目浴びてたぞ。

e0173645_09035358.jpg
e0173645_09035706.jpg
e0173645_09035892.jpg

Jr.は相変わらずの射的で頑張りながら、微妙な成績。ま、あの奥行きでは、なかなか後ろには落せんぞ。
遊び系の屋台も幾つか出ていて、子供も大はしゃぎだったな。

e0173645_09063913.jpg

今日は参拝をメインに来たので、
明日以降は、もう少し露店を楽しむか(行く気満々)。どこぶらつくかな~

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-01-01 23:58 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/21521449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 貝塚の水間寺参詣と「千本餅つき」 京橋の居酒屋「徳田酒店」 >>