兵庫の銭湯「湊山温泉」

今月初め、またまた温泉に入りに出かけた。今年は、紅葉も12月に入ってからという、冬の到来はあるのだろうか・・・と不安を覚えたものだが、やっぱり、日々少しずつ肌寒くなってきて、今ではビエビエになった。こうなると、温かい温泉にゆっくり浸かりたくなるものだ。

さて、今回、やってきたのは「湊山温泉」だ。
場所はですなぁ…神戸市兵庫区で、神戸高速鉄道の高速神戸や湊川を2kmほど北上したところで、六甲山系の西端、再度山の麓にある。湊山温泉のすぐ北側に、平野台展望公園がある山。ちょうど、ここまでが住宅が密集する市街地で、ここから北は山に入っていく感じ。

e0173645_22433612.jpg

ここのところ、温泉銭湯(銭湯なんだけど温泉)が続いているんだけど、ここは少し趣が違う。入口の暖簾は、いかにも銭湯雰囲気満載だが、一般公衆浴場の料金設定とは異なるし、少し規模感も大きいので、温泉施設にやってきた~って感じですな。下の写真をみると、ちょっとした温泉地にやって来たみたいでしょ。でも、飽くまで市街地。

e0173645_22433973.jpg

下駄箱みると、やっぱり銭湯か…料金は大人630円。
番台・・・というよりは受付という感じだが、女性の皆さんで切り盛りをしている。

e0173645_22434288.jpg

入口から縦長に奥へと続く浴場。右側の窓から外からの光が差し込んで明るく、中央に浴槽がある。源泉が28~29度程度なので、基本、加温しているがすべての浴槽が源泉かけ流しというから凄いわ。
銭湯の体裁をとっているからなのか、毎日、湯を抜いて清掃して沸かし直しているそうな。

入ってすぐ左手に水風呂・・・いや、源泉だ。これは加温なしの純粋な源泉かけ流し。茶褐色で、ほわ~っと硫黄の香り、なめてみると鉄分な味がする。
主浴槽は、ジャグジーのある低温、贅沢に2つも電気風呂のある中温、浅瀬の38℃のぬるま湯に区分されている。源泉槽ほどではないけど、湯色には、少し茶色の濁りがある。
あーっ、中温が気持ちええわぁ。40度ちょっとくらいかな。この光の差し込み具合が何とも癒されるな…昼間の温泉は最高やな。

そして、一番奥に独立して丸い浴槽・・・蛸壺というらしく、46℃の高温だ。
これは、入りきるのに時間がかかったな。だいぶと縁で三角座りしたぞ。こnクラスだと、刺すような痛さに感じる熱さだからね。でも、頑張って入って、茹蛸になったぞ。

風呂上り。
こじんまりとした座敷とテーブルがあって、ちょっと休憩。お、兵庫サイダー(150円)というのがあったので、買ってみる。兵庫鉱泉所の地サイダーだ。レトロなラベルでかわいいですな。シャンペンと称しますか。
あれ?瓶の色ちがうやん…味違うの?おっと、炭酸のきつさが違うのか。あ、でも甘ったるくなくて、あっさりしたサイダーで美味い。

e0173645_22434457.jpg

気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:湊山温泉
場所:神戸市兵庫区湊山町26-1
時間:7:00~22:30 不定休
電話:078-521-5839

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-12-21 10:00 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/21474801
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の焼肉「和応」 伊丹のラーメン「らーめん夢屋台」 >>