根津の銭湯「六龍鉱泉」

上野公園の西側、根津。
閑静な住宅街の中に、静かに旅館が点在する何ともいい雰囲気のエリア。ここに、銭湯「六龍鉱泉」がある。1931年創業の老舗だ。
住宅が密集する中、細い路地にひっそりと構える。

e0173645_07443944.jpg

どっしりとした唐破風の構えが、いかにもディスイズ銭湯ですな。大人450円。
ドラマのセットの様な、いい雰囲気の脱衣場。
「六龍鉱泉」という屋号がなかなか渋い感じなんだけど、浴場との間にあるの引戸上のガラス窓にもドーンと屋号が描かれている。男女脱衣所の仕切りの上には、これまた年季の入った振り子時計。途中、ボーンと低い音色が響く。

浴場奥に、つながって浴槽が2つというシンプルな構成。男女湯の浴場の仕切りは190㎝くらいと低め。
何ででしょうなぁ、壁画は錦帯橋だ。

さて、湯なんだけど、ここは温泉銭湯で、東京ではおなじみの黒湯だ。浴槽2つとも黒湯なんだけど、向かって右側が熱めになっている。熱めとは書くけど、実際には激熱だった…温度計をみると46度を指している。正直、「ちゃうやろ、50度と正直に言え。」という感じ。入りきるまでに時間かかるし、入ったら入ったで下手に動けないや(笑)あ、縁に、ゆあみ置いてあるし。

くーっ、身体はすっかり心身ともにまっかっか。でも、風呂上りの爽快感といったらないね~
常連客が多いのか、「お先に」など客同士の声掛けが頻繁で、何だかこっちまで気持ちがほっこりしますな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:六龍鉱泉
場所:東京都台東区池之端3-4-20
時間:15:30~23:00 月休
電話:03-3821-3826

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-12-12 07:40 | ・銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/21429101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 伊丹のラーメン「らーめん夢屋台」 石橋の居酒屋「たこ焼きBar ... >>