須坂の焼肉「清香苑」

普段から焼肉はよく食べに行くんだけど、ホント、それぞれに店の特徴や、扱っている部位などがバラエティに富んでるわね。中でも、街中に昔からある地元系焼肉店の雰囲気は、食欲を掻き立てるよねー

信州は須坂の駅からほどなくにある焼肉のお店におじゃました。「清香苑」だ。

e0173645_23274796.jpg

この暖簾にも書かれているんだけど、「朝鮮料理」というのがインパクトあるよね。これ、本当に朝鮮料理が出てくるわけではなくて、おそらく「焼肉」のルーツに紐づいているんだと思う。

我々が今食べている「焼肉」のスタイルって、ルーツに諸説あるらしいんだけど、大きくは日本オリジナルだという説と、朝鮮半島から伝わったというものだ。
肉を食べる文化は、元々、日本・朝鮮半島どちらにもある中で、「ちりとり鍋」のように、在日の人が編み出したものがあるように、より日本人の文化に影響されて出来たスタイルというものが、今、我々が意識することなく食べる「焼肉」と考えるのが自然だわね。そういう点では、「焼いたあと、タレに漬けて食べる焼肉」スタイルは、日本オリジナルなんだろうね。

北朝鮮と韓国の分断から、「朝鮮料理」と「韓国料理」という表現になり、その後、前者はどんどん見かけなくなった感じですな。なので、そういう意味では、「清香苑」は貴重な存在だ。

親戚の家に遊びに来たような、親近感の湧く懐かしい空間。テーブル席と、座敷がある。

e0173645_23274930.jpg

塩タン(880円)から。もう、写真からも伝わると思うけど、妖艶な肉肉感がたまらんわね。さっと炙る程度で・・・やわらかー

e0173645_23275659.jpg

牛カルビ
(880円)。
出出しで「朝鮮料理」のことを書いたからややこしいけど、お肉にも注目しておきたいところ。お店の人は、何も語らず淡々とお肉を出してくれるんだけど、その日の仕入れにはよると思うけど・・・これ長崎の「黒毛和牛」なんだよね。店の端っこに、さりげなく個体識別番号書いてるし。
バランスのとれたサシの入り方が良いですなぁ。ジューシーでコクのある味わいがたまらんわ。

e0173645_23275409.jpg

牛ホルモン(580円)。テッチャンですな。
下処理がきちんとされているんだろうね、まったく臭みがなくて美味い~

e0173645_23280516.jpg

シメは、クッパ(550円)で。
何だろう、散々肉を食べてお腹が一杯のはずなんだけど、クッパは別腹だな。スープが優しい味わいで落ち着く~

e0173645_23280776.jpg

いや~満足満足。
須坂の夜は、なかなか機会がないんだけど、いいお店がたくさんありそうですな。


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:清香苑
場所:須坂市須坂北横町1315-37
時間:17:00~22:30(日祝は~22:00) 月休(祝日の場合は翌日)
電話:026-245-5319

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ●C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-12-01 10:25 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/21387519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< バニラエアが大阪国際空港に 十三の居酒屋「得一」 >>