新世界の銭湯「新世界ラジウム温泉」

まぁ、観光で来て、普通ここには入らんかなぁ…
新世界のシンボル通天閣の真下に、銭湯あるのご存知?
「新世界ラジウム温泉」だ。

e0173645_11044720.jpg
C級呑兵衛はもちろん、この銭湯の存在は知っていた。ま、何度も新世界来てるしね。
けどまぁ、観光地ど真ん中で、こってりムード満載という場所なだけに…横目で見て通り過ぎるだけだった。

しかーし、今回、ついに、入ってみることにした。
外観からしても分かるんだけど、歴史あるんだよね。今の通天閣よりも前から営業しているんだもの~

e0173645_11045030.jpg
暖簾をくぐると下駄箱にはなるんだけど、まっさきにキリンの置物がドーン。この天井にこのサイズ・・・特注かしら、びっくりするやん。

e0173645_11045325.jpg
下駄箱からの入口が透明なガラス張りで、ここから男湯は浴場内まで丸見えだな…懐かしい番台タイプ。手ぶらには嬉しいワンコインセット(500円)が用意されていて、入浴料の他に、バスタオルとタオルがついている。

あらー浴室が意外と広くて開放的だなぁ。浴場内の敷地が四角でなく、入ってから左手にも、そして、右奥にも進めるようになっている。真ん中には主浴槽があるんだけど、これまた、四角でなく、曲線を描いた浴槽になっている。
主浴槽の横には、人工炭酸泉だって。あのシュワシュワのやつだわね。へー、大阪で初めて高濃度人口炭酸泉を導入したところでもあるんだぁ。そんなにシュワシュワした感じではなかったけど、少し入っていると、上がってからも体がポカポカする。

この銭湯の名前にもなっているラジウムだけど、これはここで湧いている温泉ではなく、ラジウム鉱石を鳥取から取り寄せて浴槽に沈めているそうな。

そして、奥には露天風呂がある。
ここは、比較的最近できた感じで新しい。岩風呂ではないけど、石造りで少し深めの浴槽が嬉しい。ガラス越しには、日本庭園がみえる。ここに浸かっていると、新世界にいるとは思えない…
しかーし、振り返って上を見上げると、出ました通天閣。そう、通天閣が見える露天風呂なんですな。しかも、この微妙な見え方が、らしいと言えばらしいわね。

e0173645_11045535.jpg

いやぁ、温まった温まった。
場所柄もあり、おっちゃんばっかり。脱衣場のところにあるちょっとした広告が成人映画の案内だったりするんだけど、ま、それも含めて、地元らしい銭湯で良かったぞ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:新世界ラジウム温泉
場所:大阪市浪速区恵比須東1-4-13
時間:6:00~24:00 元日・第2第4木休
電話:06-6641-3093

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-11-16 16:06 | ・銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/21327352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 須坂のすき焼き「宗石亭」 新世界の居酒屋「炭火焼鳥 くっ... >>