杭瀬の銭湯「住吉温泉」「第一敷島湯」

現在開催中の尼崎市内銭湯スタンプラリー(12月15日まで)。
先日の「銭湯王国展」帰り、「築地戎湯」の後は、電車で杭瀬に移動。「築地戎湯」など朝から営業する銭湯もあるが、多くは15時前後で開くところが多い。今の時間、比較的近場で、ハシゴできる範囲で数軒銭湯があるエリアということで、杭瀬に決めた。駅から徒歩10分圏内に、6軒もあるとは羨ましい限りだ。

「!」

このブログを書くまでに、随分と探したんだけど、どうにもない…
いやね、今から書く銭湯の写真が見つからないわけ、間違って削除しちゃったかなぁ。かなり、ショック。

阪神杭瀬駅を出て、すぐ北側に国道2号線が東西に伸びる。
ここを左に曲がり、少し歩いたところ、国道沿いに「住吉温泉」がある。写真で伝えられないのが申し訳ないが、まちの銭湯という構えですな。
昔ながらの番台タイプで、料金は380円。
浴場に入ると、右手洗い場、左手が浴槽になっている。懐かしい雰囲気は醸し出しているが、壁に絵などはなく、意外とシンプルできれいな印象を受ける。
浴槽は並びで、奥にむかって大きく3つ。一番手前に深めの主浴槽、その隣りに浅めの浴槽。この浅めの浴槽、きれいな模様を作るブルータイルでハイカラ。気持ち熱めで気持ちがいい。
そして、電気風呂。電気風呂って、ホント場所場所で違うんだけど、ここのは電気がきつすぎて、身体が勝手にどくっどくっと動くほど(笑)。
他にも、ジェット風呂やサウナもあったぞ。

脱衣所に休憩できるソファやマッサージ機があるんだけど、出た、テーブル筐体ゲーム機がある。実際に、今、稼働させているのかどうかは分からないけど。懐かしい…

さて、ハシゴ3軒目は、「第一敷島湯」だ。
杭瀬交差点からみると、住吉温泉と反対側、東に少し歩いたところにある。
「まちの銭湯」の中の「まちの銭湯」だわ…国道から路地に入ったところにあるんだけど、両サイドに住宅がならぶ細い道に、さりげなく青い暖簾がなびく。
e0173645_1311171.jpg

外観撮るにも、あまり後ろに下がれないって。これで、目いっぱい…でも、この重厚な唐破風が渋いね~
e0173645_1311936.jpg

こちらも、番台タイプ。お母さんが出迎えてくれる。ここは昔ながらで、廃材や薪100%で沸かす銭湯だ。
ここも面白い浴槽ですなぁ…丸い主浴槽なのか。その隣に、「紅葉」と称したピンクな湯がありますな。なぜか、その壁面にインド式計算法のパネル。
主浴槽の横に、少し湯の溜まる小さな浴槽みたいなものがあるんだけど、これは何だろう…とても人が入るレベルではないと思うんだけど…微妙な深さと大きさなんだよな。

さて、男湯女湯は壁で仕切り、天井部分は共通で天窓が一つ。その境壁面には、モザイクタイル画。へー何か珍しいなぁ、富士山とかではなくて、松と滝の絵だ。

風呂上りにビール飲むか。
脱衣所の真ん中に、会社の応接会議室のようなソファとテーブル。他には、茶色いマッサージ機が2機配置されている。

今回のスタンプラリー、スタンプの数によって賞品がもらえるんだけど、一番ハードルが低いのが3軒。オリジナル手ぬぐいがもらえる。
この3軒目である「第一敷島湯」で、スタンプを押してもらい、そして、手ぬぐいを受け取る。
e0173645_1312795.jpg

お母さん曰く、この手ぬぐいのデザイン、実は、お孫さんがデザインしたものだそうな。かわいい味のあるイラストでいいよね。
何でも、今回のスタンプラリーで、「第一敷島湯」からこの手ぬぐいを手渡したのは、私が初めてだそうな。いい記念になったなぁ。

スタンプラリーはまだやっているので、気になる人は、「ニッポン銭湯王国展」サイト内の情報を確認してね。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:住吉温泉
場所:尼崎市杭瀬本町2-6-32
時間:14:30~24:00 第1・3木休
電話:06-6489-3519

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:第一敷島湯
場所:尼崎市杭瀬本町1-25-5
時間:14:40~23:00 火休
電話:06-6481-7120

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-10-27 09:46 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/21242974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 本町の洋食「せんば自由軒」 尼崎の銭湯「築地戎湯」 >>