長野の居酒屋「とり鉄」

9月末に須坂へ出張した時の話。
東京からの移動で、夜に長野入りしたまでは良かったが、最近どうもおかしい。
この時も、予約していたホテルを完全に間違えていた。違うホテルに入って、チェックインの手続きをしてもらって、「ご予約入っていませんが」と言われるまで、全く気づいていない。

長野に着いた段階で22時は回っているし、ホテルのチェックインでもたもたして、銭湯も終わっちゃうし・・・
ふー・・・どこかで一杯ひっかけるか、と24時近くに表出てもバンバン閉まっちゃってるし。

で、結局、入ることに決めたのが、「とり鉄」。鉄道マニアの店じゃないぞ。「撮り」ではなく、「鶏」ね。全国で展開する店ですな。
e0173645_10272482.jpg

お通しに豆腐が出て来たぞ。
これは、鶏スープ仕上げ自家製豆腐。しっかりした食感で美味いですな。軽くポン酢でいただく。 
e0173645_10265266.jpg

鶏料理の店だって言ってるのに、出だしで馬肉
日本酒のラインナップからしても、地元の食材を使っているのかと思ったら、全然違った・・・会津ブランド純国産馬刺し赤身(680円)。滑らかな肉質で、非常に食べやすい。
e0173645_1026577.jpg

鶏は、「とり鉄」が商標登録したブランド鶏「楽美鶏」をはじめ、各地の国産ものを使っているそうな。
せせりの串打ち焼き(160円)から。しっかり肉質に、軟骨のようなコリコリがところどころに。
e0173645_1027127.jpg

ねぎ間の串打ち焼き(120円)に、限定串からは、はつの串打ち焼き(160円)を。いずれも、ジューシーで美味いですな。
e0173645_1027674.jpg
e0173645_10271567.jpg

酒は、須坂は遠藤酒造の「渓流」本醸造辛口(580円)をちびりちびりと。
e0173645_10271025.jpg

ここで、会津地鶏の炙りたたき岩塩盛り(980円)だ。鶏肉が岩塩皿に盛られてきた。肉を、この岩塩皿にこすりながらいただくという趣向。むね肉は、オリーブオイルとわさびでいただく。
岩塩自体にもコクというか深みがあるし、この鶏の旨味との相性がグーだし、もぐもぐしたい系の食感。酒が進むな。
e0173645_10271979.jpg

さ、ホテルに戻って軽く飲み直して寝るか…

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:とり鉄 長野店
場所:長野市南千歳町855-1 松沢ビル1F
時間:17:00~2:00 (金土は~3:00)
電話:026-229-8300

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-10-20 11:55 | ・食べ歩き(焼鳥) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/21218493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の居酒屋「源樹や」 道の駅「スプリングひよし」 ~... >>