亀岡の蕎麦「いし田」 ~能勢・亀岡散策(4)

さて、「能勢の高灯籠」であっけにとられていたら、とっくにお昼を回っているじゃないか。昼飯昼飯…ここから20分ほど車も走らせると、ちょいちょい名前をきく、蕎麦屋「いし田」がある。長閑な風景に一軒家。
e0173645_7453846.jpg
e0173645_7454687.jpg

店内も、間仕切りをとって、畳部屋を大きくとって客席としている。ホント雰囲気が、お店というより一軒家におじゃました感じ。
e0173645_746063.jpg
e0173645_746815.jpg

店に到着した時間は、すでに13時を回っていた。
人気で待つことがあったり、品切れになったりということがあるから、時間は考えないといけないな、とは思っていたんだけど・・・やっぱり、何組か待っている状態なのね。

暫く待って、案内されて注文したのは天ざるそば(1300円)。本当は、天ざる定食(1700円)にしたかったんだけど、この時間だと、お米が終わってしまっていたようだ。残念。
天ざるそば(1300円)にありつけた時には、14時を回っていた。
e0173645_7461890.jpg

蕎麦は、細切りで軽く、ついつい箸が進む感じ。細くても、歯ごたえと風味が程よく食べ応えがる。それに、鰹がきいた濃いめのつけ汁が美味く、いいアクセントになっている。
e0173645_7462818.jpg

天ぷらは、カリサクっていうよりは、ふわもさっとした感じなんだけど、この天ぷらに選ばれた海老や野菜などの素材がいいお仕事をしている。お野菜が美味いわ。天ぷらは、抹茶塩で。
e0173645_7463685.jpg

Jr.が、食後に、季節のデザート栗の渋皮煮(2個200円)を注文。
裏山で獲れた栗を煮込んだものだそうなんだけど、これが出てきた時に思わず「わー大きな栗!」と声に出してしまうほど立派な栗だったぞ。C級呑兵衛の口に入ることはなかったが、目を閉じてゆっくり味わっているJr.の顔を見ていたら、その美味さは伝わるというものだ。
e0173645_7464216.jpg

人気店ではもちろんあるんだけど、行列が出来る一番の理由は、これだけのキャパに対し2人で切り盛りをしていることだ。必然的に時間がかかる。なので、特に客が多いときは、時間に余裕をもってね。長閑な風景のところで、ゆっくりお蕎麦でも食べようかな~くらいの感じで行こう。
定食でお米食べられなかったけど、お米買って帰ろう~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:いし田
場所:亀岡市東別院町東掛岩垣内14
時間:11:30~14:00(土日祝11:00~15:30) 火水休
電話:0771-27-2092

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-10-19 08:42 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/21210234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 道の駅「ガレリアかめおか」 ~... 石橋の居酒屋「とり次郎」 >>