高松の温泉「天然温泉きらら」

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー15」のために、前乗りするということを出発直前に決めたわけなんだけど、宿泊先がビジネスホテルなのであれば、何とか、そこへ着くまでにひとっ風呂浴びていきたいところだ。

これから出発しても、香川に入るのは、どう考えても24時を回ってしまう。それでも、営業してる温泉・銭湯はあるのだろうか…24時間営業の「やしま第一健康ランド」とか、「高松ぽかぽか温泉」などが出てくる中で、今回は、高松市内の「天然温泉きらら」に決めた。

とにかく、26時までの営業は有難いんだけど、入館最終が25時ときた。途中、高速道路が一部通行止めになっていたこともあって、まぁ焦る焦る。
ほぼ、25時に滑り込みセーフ。
e0173645_1038166.jpg

あら、こんな時間なのに、えらい人が多いなぁ。特に、地元の大学生あたりかしら、スポーツ後の汗流しみたいな感じで来ているようだ。ま、この時間にJr.に連れているC級呑兵衛の方が、どうこう言われる立場だと思うけど。

なかなか広い浴室で、入ってすぐ右手に洗い場、左手には塩と高温のサウナ、奥に大浴場、エステバスや電気風呂などの浴槽、さらに奥へ進むと、露天風呂がある。

天然温泉ということだけど、「高松クレーターの湯」ときた。
仏生山のエリアに高松クレーターというのがあるんですな。火山活動によるカルデラ説と、隕石ドーンの隕石衝突説があるそうなんだけど、その西端が、この場所にあたる。地下300mという浅いところから、温泉が湧き出ているそうな。メタケイ酸を含む単純二酸化炭素冷鉱泉だ。無臭・無色で、何かさらっとした湯。
e0173645_1038721.jpg

写真はないけど、高松クレーターに因んで、露天風呂の岩風呂がちょっと変わっている。中国四川省からわざわざ一枚岩を切り出しくりぬいたものが、そのまま浴槽になっている。それこそ、クレーターに溜まった湯に入っているようでしたな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:天然温泉きらら
場所:高松市一宮町800-1
時間:6:00~26:00(最終入館25:00) 第3火休
電話:087-815-6622

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-10-13 16:19 | ・銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/21104457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ニッポン銭湯王国展 in ひょうご 観音寺の琴弾公園・詫間の浦島太郎伝説 >>