ジャンボに乗れ!激走北海道2013(7)

「ジャンボに乗れ!激走北海道2013」

富良野・美瑛という観光地を、数時間で突っ切ろうという弾丸ドライブの中、美瑛で朝食かランチを取りたかったんだけど、11時くらいしか店が開かないんだよね。
美瑛駅前にやって来たものの、んーまだ10時過ぎか…もう、旭川まで行っちゃって、ラーメンでも食べるか。
e0173645_9101072.jpg

あ、何か駅が騒がしいなと思ったら、富良野・美瑛ノロッコ号が入線してきたぞ。写真だけ撮っておくか。
e0173645_9101882.jpg

さて、旭川には正午前に到着した。
前回から、「旭川でラーメンでも」というワードを幾度と出しているが、札幌が味噌、函館が塩に並んで、旭川ラーメンといえば醤油。
旭川駅から少し東へ走り、東旭川の「橙ヤ」本店にやってきた。
e0173645_9102891.jpg

おいおい、メニュー見たら味噌が美味そうやないか…あかん、味噌にしよ。炭火焼きちゃーしゅーめん 橙みそ(1100円)ね。
e0173645_9104062.jpg

おーなかなかパンチのあるビジュアルできたな・・・
手間暇かけた豚骨をベースに、しっかり味噌。今回、橙みそを頼んだんだけど、20種類以上の野菜やフルーツを使い3か月以上熟成させた味噌。ピリ辛で深みがあって美味い。
寒い地域ならではのラードがスープを覆うんだけど、これは、自家製ラードで作ったねぎあぶらで、香ばしい風味がグー。
ちゃーしゅーは、3日間かけて仕込んで備長炭で焼き上げるという逸品。バラかロースも選べるわけ。麺もオリジナルで細麺なんだけど、中太麺でもお願いできるようなので、自分好みでチョイスしよう。

Jr.は旭川中華そば(700円)、オーソドックスな醤油ラーメンを今風に。わ、豚骨・鶏ガラのWスープに魚介の風味がきいてるね~うまいうまい。
e0173645_9105552.jpg

あー食べた食べた、うまかったな…
せっかくの旭川だし、この近くに何かないかなー・・・高速道路旭川北I.C.の少し北側、のどかな風景の中にアートを発見。車を止めて、あの展望台にあがってみるか。
e0173645_10495741.jpg

なかなか、きれいに仕上がってますな。田んぼアートだ。数種類の稲を使って色の濃淡を出しているんだって。
e0173645_10501653.jpg
e0173645_1050236.jpg

13時か…道央自動車道を使って、少しずつ札幌へと向かっていくか。
C級呑兵衛ファミリーの旅って、だいたいグルメと温泉というのが定番だが、今回、温泉までの余裕が…いや、そういうことではいかん。こういう時にこそ、温泉をぶっこんでいかないと。
高速を1時間ほど走ると、美唄市に入る。インターチェンジを降りたところに温泉があることが分かったので、そこに向かうことにした。

美唄温泉「ピパの湯 ゆ~りん館」だ。洋式の建物なんですなぁ。
パークゴルフやテニスコートなどスポーツ施設の他、レストランや宿泊施設もあるんだねー
e0173645_1131778.jpg
e0173645_1133160.jpg

ここの温泉は、ナトリウム-炭酸水素塩泉なだけど、特徴は、露天風呂が「洞窟と滝」。洞窟の中にいるような雰囲気で温泉を楽しむことができる。夜になると、青い照明がつくようで、海の中の「青の洞窟」をイメージしてるみたい。

16時半頃、千歳のレンタカー店近くに。昨日も立ち寄った、飛行機が着陸するポイントで少し写真を撮って、と。
e0173645_7572595.jpg

さ、今日は札幌、すすきの近くで泊まるので、夜は美味いもん食べんと。

続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-08-20 08:02 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/20950265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 東京の西アジア料理「アロヒディン」 ジャンボに乗れ!激走北海道20... >>