石橋の居酒屋「赤瓦」

先日、ちょー久々に石橋の「赤瓦」を訪れた。
石橋で沖縄料理といえば、ここが挙がるよね。昔は、「龍太郎」もあったんだけどね~
シーサーや泡盛ボトルが迎えてくれる。
e0173645_7524258.jpg

さて、オリオンビールをとりあえず注文して・・・ワタガラス(525円)から。いつも、島豆腐はスクガラスを頼むんだけど、たまには違うものをね。これは、かつおのワタの塩辛、要は酒盗がのった一品。
e0173645_951365.jpg

そして、定番の海ぶどう(630円)に島ラッキョウ(525円)。
e0173645_951863.jpg
e0173645_9511441.jpg

こちらは、お頭つきだけど、グルクンの唐揚げ(945円)。グルクンといえば、沖縄の魚として知られているよねー。名前だけだとイメージ湧かないけど、意外と、サバやアジみたいなシュッとした形をした魚なんだよね。「沖縄の魚」とは書いたけど、他のエリアでも違う名で獲れるようだ。
ふわっと肉厚ながら、さっぱりといただける。
e0173645_9511854.jpg

めっさ柔らかい、ラフティー(924円)。このてかりが食欲をそそるね〜、豚の皮付き三枚肉の角煮ですな。
e0173645_951243.jpg

出ました、ヒージャーの刺身(1050円)。
もーC級呑兵衛史上、もっとも悩ませてくれるメニューの一つだ。これは、山羊の刺身。沖縄料理では、山羊はポピュラーな食材で、地元では、これがないと始まらないくらいの感じかも知れないが、その独特の味は決して万人受けするものではない。最初、ここで食べた時のショックが、いまだ鮮明に記憶に残る。だって、ゴムの味なんだもの…しかも、皮部分は噛みきれないし。
いや、たまたまだったんだと、「龍太郎」でも試してみて…ま、ニオイの強弱はあれど、最終的にはこういうものなんだ、ということは分かった。
e0173645_9512924.jpg

なのに、また頼んじゃったよ…何かね、今回は違うかもって、どこかで考えてるんだよね。
あ…う、うーん…あのね、赤身部分は慣れちゃったかも(笑)今回は、ことの他臭み控えめであっさりいただける。ただ、やっぱり、皮部分が硬くて噛めない。何とかしようと噛み続けると、今度はおさまっていた臭みが目覚めてくる。どのタイミングで飲み込むか…そんな時間をまたもや過ごしてしまった(笑)

酒は、神村酒造の泡盛「守禮」(600円)。
30度だけど、意外とするするっと飲める。この泡盛が入った黄色い器可愛いね〜
e0173645_9513490.jpg

Jr.は、揚げたてのサーターアンダギーを頼んでは食べ、頼んでは食べしてた。揚げたてだから、ホクホクで美味いんだよね。
e0173645_9513917.jpg

もっと色んな沖縄料理食べないとダメだなー、魅力たっぷりだもんね。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:琉球居酒屋 赤瓦
場所:池田市石橋3-4-7
時間:17:00~26:00 (L.O.24:30)
電話:072-761-0104

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-08-23 20:17 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/20946037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ジャンボに乗れ!激走北海道20... 東京の西アジア料理「アロヒディン」 >>