東京の居酒屋「鳥やき 宮川」

東京出張、仕事終わりに八重洲で、いっぱい引っかけて帰ることにした。
サクッと軽呑みでいくと、焼鳥がいいかなーと思って店探していたら、居酒屋などが軒を連ねるギンギンぎらぎら通り、渋い店構えと赤提灯が目に飛び込んでくる。
e0173645_18593795.jpg

「鳥やき 宮川」だ。
なかなか風情のある昔ながらの空間が落ち着くねー
L字カウンターに、6人掛けテーブルが3つ。2階もあるみたいですな。白い割烹着を着た店員さんにカウンター席へ案内される。

生ビール(600円)を注文したら、付出しが出て来たんだけど、ウズラ卵を落とした大根おろしと、お漬物。もーこれだけで、随分呑ませていただきますよ、的な。
e0173645_18594229.jpg

肝心の串を注文しようと、見上げたところにあるメニュー板。でました、値段が書いてあらへん・・・ま、焼鳥だから、べらぼーなことにはならないとは思うけどね。
考えていたら、店員さんから「盛り合わせで、5本、7本、10本できますよ。」ということだったので、とりあえず5本の盛り合わせをお願いしてみた。
しばらくして、鮮やかな青い皿に串が盛られてやってきた。
e0173645_18594739.jpg

わ、でかい。全体的に大きい…
つくね、皮、合鴨、かしわ焼き(ねぎま)、手羽先・・・かな。
e0173645_19134646.jpg

お、この塩加減たまらんな。肉質しっかりしているのに、めちゃジューシー。

この店では、ねぎまのことを「かしわ焼き」と呼ぶ。関西では馴染みのある「かしわ」だけど、東京でも鶏のことをかしわと呼ぶところがあるんですな。
関西弁とかではなくて、「かしわ」はもともと全国的に使われていた表現のようだ。それが、いつの間にやら西日本で主に使われるようになったそうな。

あら、絶妙なタイミングでスープが出てきたぞ。付き出し同様、ちょっとしたところが心憎いですな。
このスープがまたええ感じ。椎茸に白葱ですな…大根おろしと同様、ここにもウズラが落としてあるな。
e0173645_1859518.jpg

ちょっと待って、5本しか食べてないんだけど、結構いい腹加減になってるぞ。ビール2杯、焼酎1杯合わせて、4000円くらいだったね。
また、行こー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:鳥やき 宮川
場所:東京都中央区八重洲1-7-3
電話:03-3271-8136

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-07-11 19:13 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/20784239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋のラーメン「一福」 堺の銭湯「蔵前温泉さらさの湯」 >>