讃岐うどんツアー14~竜雲

結構久しぶりに来ちゃったねー
「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー14」

天候が荒れ模様だった4月上旬の週末、「外に出るのは控えましょう」というアテンションがテレビで流れているというのに、C級呑兵衛ファミリーは、すでに車を西に進めていた。

高松中央ICから南下し、最初にやって来たのは仏生山。池に挟まれた仏生山公園の北側にある、法然寺に車を止めた。
e0173645_7453410.jpg

法然寺は、初代高松藩主である松平頼重が菩提寺として開創したんだけど、この松平頼重という人、仏生山に製麺業者を集めたそうだ。
で、今回1軒目は、その歴史を継いでいる店の暖簾をくぐることにしてみた。
法然寺境内にある「竜雲」だ。駐車場横に店舗を構えている。
e0173645_7454124.jpg

今まで、讃岐うどんツアーで食べてきた中では異色の、つけ麺タイプをウリにしている。
店内は、まあまあ広くて、注文の仕方も含め、一般の和食店に来た感じだ。

ねぎと温玉のつけうどん(500円)にしてみようかな。
e0173645_7454940.jpg

おっと、うどんだけでなく、ご飯つきか・・・リレーでこの後すぐに食べ続けていく、そのしょっぱなからボリューミーな店チョイスをしてしまった。でも、ご飯つきには訳がある。
e0173645_7455440.jpg

わ、この麺もちっとした食感と喉越しのつるつる感がたまらない。コシはしっかりあるんだけど、主張しすぎていない。
このつけ汁は、ごまダレですな。ゴマの風味とコクがよく出ていて、ほんのり甘めな仕上がり。なるほどね~美味いな。こういう食べ方もあるんだなぁ。
e0173645_745592.jpg

つけ汁の中に温玉が入っているので、適当なところで割って、と。
ごまダレだけよりも、卵の黄身のまろやかさと舌触りが加わって、つけ汁全体が、よりマイルドに。

そして、最後は、このつけ汁をごはんにかける。
ゴマが結構主張しているので、このままご飯にかけるとしつこいかなと思ったんだけど、全然。この絶妙な甘みとコクが食欲をそそる。
e0173645_7465100.jpg

一度で、色んな味を楽しめるので、気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:竜雲
場所:高松市仏生山町甲3208-9 法然寺境内
時間:10:00~15:00 火休
電話:087-889-1217

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-04-20 09:16 | 食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/20298015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 讃岐うどんツアー14~手打うど... 須坂の洋食「かねき」 >>