石橋の居酒屋「源樹や」

先日、少し遠出をした帰り、外で食べて帰るかと石橋商店街にやってきた。
あっさりしたものがいいから、と、居酒屋をチョイス、「源樹や」に決めた。店の奥に広めの座敷があるためか、いつ行っても学生の団体で賑わっていたりする。

さて・・・島らっきょポン酢(380円)から。
e0173645_23392654.jpg

この店、焼酎を色々と扱っていて、以前は、前割りがあったり、お湯割りを頼むと黒千代香(くろぢょか)で出てきたりしていたんだよね。
で、今はそれはやってないみたいだけど、日本酒がお手頃でいただける。色んな種類を飲めるように、ちょい呑みメニューとして、日本酒のグレードによって390円、490円という料金設定。
「磯自慢」特別純米(490円)から。華やかな香りと安定した旨味が抜群ですな。
e0173645_23393278.jpg

別に、肝臓をいたわっているわけではないんだけど、このタイミングでアサリ酒蒸し(480円)。何か、貝王の血が騒いで食べたかったのよね。粒がしっかりプリッとしてウマウマ。
e0173645_23393743.jpg

そして、うまいもん造り七種盛り合せ(1280円)。
ごっつい、厚めに切ってくるなぁ。もーお口いっぱいですよ。しかも、どれも脂ののり方が半端なく、ねっとり感満載だ。
e0173645_23394260.jpg

席に着いた時から気になっていた。どぜう料理
どじょうは何度も食べたことがあるので、それそのものは珍しいとは思わないんだけど、まさか、石橋で口にすることが出来るとは。しかも、店内レジの足元に、水槽があって、「出てきてこんにちは~♪」どころではない、いつ食べられるかハラハラしているどじょう達が泳ぎまくっている。大分県直送だそうな。
よし、じゃあ一ついただくかな。どぜう料理蒲焼き(380円)を。柳川や唐揚げもあるよん。
e0173645_23394869.jpg

注文すると、調理人が席を通り過ぎ、水槽へ向かう。活きのいいどじょうを掬って調理場へ向かった。
「あー、しっかり蒲焼な姿になっちゃって」
あれ、全然臭みがないな。もっと、泥臭さがあるのかなと思ったけど。ひょっとすると、養殖で泥臭さを出さないようにしているのかもね。どじょうそのものは淡白な味なんだけど、こうして甘めのタレで蒲焼きにすると珍味ですな。
ここに、久しぶりに、地元の酒「呉春」の特別吟醸(490円)を。金ラベルがいつも神々しい…普通酒とやっぱり違って、このまろやかさとお上品な吟醸香がいい。
e0173645_23395272.jpg

気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:美食居酒屋 源樹や 阪急石橋店
場所:池田市石橋1-12-3
時間:17:00~25:00(金土祝前は~26:00)
電話:072-761-6236

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-04-10 08:27 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/20164989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋のラーメン「一」 平和温泉は4月末までお休み(石... >>