羅臼の温泉「熊の湯」

先日のロケで入った温泉、北海道羅臼は「熊の湯」。温泉好きには有名な温泉のようですな。
e0173645_11492045.jpg

国道から川を挟んだ向こう、木々に囲まれた中にある露天風呂だ。この国道も冬季、ここから先は通行止めになるほど、雪深いところだ。
橋を渡り、雪道を下ると小屋がある。撮影は朝から始めたんだけど、すでに雪道を人が歩けるように整備されていた。
e0173645_11492214.jpg
e0173645_1149342.jpg

そう、この温泉無料で入れるんだけど、地元の人がしっかりフォローしているんだよね。もちろん、ここを訪れる観光客もルールをきちんと守らないと、せっかくの温泉が台無しになってしまう。
小屋は男女別に入口があって、脱衣場になっているんだけど、ルール書きがハンパない。まずは、「この脱衣所に書かれていることをしっかり読む、それが出来ない人は入浴お断り」、ここからルールが始まる。
e0173645_11494368.jpg

この温泉をしっかり管理する、というだけでなく、温泉に入る心得や、身体に関するアドバイスなども事細かに書かれている。
e0173645_11494080.jpg

ここを訪れた時、一人地元の人が入っていた。撮影の時には、あがって帰るところだったんだけど、お父さん曰く、「ちゃんときたないところ洗って身を清めてから入らんとあかんぞ」
別に怒られてるんじゃなくて、こうして、観光客等が来た時に地元の人達が声掛けをするというのも、とっても大切なことなんですな。
e0173645_11495324.jpg

露天風呂も男女別。乳白色の湯が、この冬景色によく似合う。男湯は、特段囲いがあるわけでもないので、本当に森の中の温泉に入っているのが実感できる。

「ぬおっ!あっつ!」
e0173645_11493182.jpg

撮影でカメラ回っている間も、声に思わず力が入るくらい熱かったんだって。
もともと、手先が冷えきるくらい寒い状態で入ったというものあるんだけど、そんなどころの話じゃない。実際に何度というのは分からなかったけど、これまでの経験値からすると、間違いなく50度前後だな。
でも、しばらくするとそれが心地よくなってくるんだよね。さらっと湯あたりがいいし、あがってからもいつまでも身体がポカポカするし、肌もサラサラになるぞ。

北海道旅行の際には、是非。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 ぶらり旅

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-03-17 09:05 | ・銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/19920728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 浅草の喫茶店「浅草珈琲屋」 谷町のラーメン「麺道部」 >>