スキーと郷土料理の白馬・伊那2泊3日(3)

スキーと郷土料理の白馬・伊那2泊3日。ちょっと、間開いたね・・・
e0173645_10152565.jpg

白馬47のコースを一通り滑った後、再び、五竜にもどる。16時すぎまで目一杯滑って、ホテルに入ることにした。ま、夜通し車を走らせて、仮眠もなく夕方まで丸1日滑ってるから、しんどいわ(笑)

お宿は、ホテル シャレ―・タケダ
e0173645_10203954.jpg

ま、文句は言わないさ。びっくりするくらい直前に宿確保したんだからね。
e0173645_1034968.jpg

館内にある温泉は夜通し入れるからいい。
実は、敷地内で温泉が湧出している。温泉名は「神城山の神温泉」だ。
e0173645_10561294.jpg

メタホウ酸を資格物質にもつ温泉は源泉13度の冷泉なので、加温している。循環式一部かけ流し。無色透明で、風呂上りには肌がしっとりすべすべに仕上がる。
e0173645_10561736.jpg

食事を終えて・・・せっかくだし、部屋でまったりももったいないな。
一杯飲める店ないかいな。
ゲレンデ入口のエスカルプラザに店なかったかなぁ…土産屋もあるし、ちょっと行ってみるか。あ・・・ケロリンの桶売ってるし、しかも、1000円切ってるところが魅力だな(笑)・・・ちゃうちゃう、飲みの店探してるんだった。
e0173645_9312467.jpg

Jr.は、食後のデザートならぬ食事で、信州名物のおやき・・・飲みの店探してるのに脱線しまくりだ。
e0173645_9313651.jpg

結局、居酒屋はなかったので、ホテル周辺にないか散策してみる。五竜ゲレンデ周辺は、ゲレンデ下にレンタルショップやクレープ屋さんがある程度で、夜散策できるような温泉街にはなっていない。それでも、居酒屋がないか探す執念。
山を下る暗い道をとぼとぼ少し歩く。空気が澄んでいるから、満点の星が近い。目の悪いC級呑兵衛でも、はっきり分かるくらいだ。
あ、赤提灯みっけ!居酒屋「じゃんけんぽん」だ。
わ、満員御礼だ。みんな、どこから集まってるんだ?(ま、みな同じことを考えてるんだろうけど)
e0173645_9315719.jpg

こてこての居酒屋ではあるんだけど、白馬ということもあり、海外からの観光客も意識し、英語併記のメニューになっている。せっかくなら、郷土料理など地場のもんを食べたいな。
e0173645_108717.jpg

日本酒もらうかな、長野大町の地酒「白馬錦」を。辛口なんだけど、やわらかい甘みと旨味をもつ呑みやすいお酒ですな。付き出しには、北寄貝と数の子のマヨネーズ和え。
e0173645_9331580.jpg

なかなか、注文することないよな。大根おろしって。でも、あっさりしたものがほしいから注文(400円)。プレーンで出てきたら、400円分の量ってどうなるんだろうと思ったが、実際には、明太子がのった上に紫蘇がちりばめられた一品。大根おろしが甘みたっぷりで美味いがな。
e0173645_9332171.jpg

信州といえば、馬刺し(550円)ですな。濃い赤身、ねっとりとした質感にアニマルな肉の味わい。
e0173645_9332887.jpg

そして、川海老の唐揚げに、ニジマス塩焼(550円)。海の幸もいいけど、こうした山川の食材も滋味で美味いよね~
e0173645_9333458.jpg
e0173645_933443.jpg

寝る前に一杯出来てよかった。これで、ぐっすり眠れる~

続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-03-03 10:29 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/19879641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の居酒屋「カミナリ酒店」 谷町のラーメン「中華麺食堂 亀吉」 >>