富山のラーメン「大喜」

書く時間がとれなくて、ブログのネタが色々と溜まってきてるんだけど、ラーメン比率がものごっついわ(笑)
ラーメンネタが続くけど、ご容赦を~

さて、随分と話は遡るが、先日の富山で「富山ブラック」をもう一度食べることにした。
というのは、その前に富山へ行った際に食べた「麺家 いろは」の「富山ブラック」は、胡椒がきいてるね~とか思ったけど、比較的マイルドな仕上がりでまったく違和感なく食べることが出来た。
しかし、聞くところによると、そもそもの「富山ブラック」はかなり個性的なので、好き嫌いが分かれるほどだ。それを万人受けにすることなく、元祖の味を守り続けている店がある。
本来の味を試してみたいなら、ここに行くべきと教えてもらったのが、「西町 大喜」だ。今回は、時間の都合上、本店ではなく駅前店へ。
e0173645_11163874.jpg

注文したのは、中華そば 小(700円)。「富山ブラック」とは言ってるけど、メニューそのものは中華そばなんだね。

しばらくすると・・・お、きたきた。
「麺家 いろは」を見てるからそれと比較してなのか、真っ黒という印象よりは、濃い茶色のスープだ。
e0173645_11163797.jpg

そしゃ、まずはスープの味を確認しないとね。

「!」

おー・・・これは、完全に醤油入れすぎじゃないか、いや、もはや、醤油を飲んでいるのではないだろうか!あまりの醤油辛さに、鳥肌と身震いする感覚ってみなさん、分かるかしら。
e0173645_11165218.jpg

麺は、かっつり太めのストレートで硬めに仕上がっている。トッピングには、塩辛いメンマと、手切りチャーシュー、荒きりネギ。ここに、荒引き黒コショウがわらわら~

お店からの情報をみると、とりあえず最初にどわっと混ぜて、濃口醤油味のスープにしっかり味を染み込ませて食べることを奨励している。「富山ブラック」が誕生した経緯からも、ラーメンではあるものの、「よく噛んで食べるおかず」の中華そば、という位置づけだ。
食べ進むうちに、この味にいつの間にかハマってしまう・・・どこかで、また食べてみたくなるのは何故なんでしょうな~その秘めた魅力を味わってみたい人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名: 大喜 富山駅前店
場所:富山市新富町1-3-8
時間:11:00~22:00 日休
電話:076-444-6887

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-02-27 23:19 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/19841661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 宵ノKΘFUKU『利き酒の週末... 石橋の居酒屋「にわ・とりのすけ... >>