羅臼の居酒屋「鰍」

ロケでお世話になったお店を紹介しようかな。
北海道は羅臼町にある「鰍(かじか)」だ。
e0173645_10503225.jpg

なかなか関西にいると、羅臼の町に来る機会もないので、やはり、来たからには地元でしか味わえないものを食べたいものだ。「鰍」は、その期待に完璧に応えてくれる。
今回は、ロケで紹介されたものだけでなく、ここでいただいたものを全て紹介するね。

まずは、上生ちらし(2415円)。
羅臼で水揚げされた季節の魚介を中心に、ご主人が選び抜いた11種類盛りのちらしずしだ。活北寄、生雲丹、数の子、蟹身などがぎっしり詰まった逸品だ。新鮮で、美味くないわけがない。
e0173645_1051761.jpg

「!」
いや、お吸い物がついているんだけど、このダシの美味さといったらない。魚介が入っているので、その風味かしらと思ったら、鮭節を使っているとのこと。
e0173645_10511213.jpg

鰹節ってのはよく知るところだけど、鮭節なんてあるんだね。かなり、濃厚で深みのある味わいが楽しめる。これも、絶品だわ。こんな感じで、売ってるもんなんですなぁ。
e0173645_10512439.jpg

さて、ロケで紹介した、スケソのルイべ
スケソとは、スケソウダラのことで、一般的には介党鱈(スケトウダラ)と呼ばれていて、明太子などになるよね。ルイべということで、お造りのような感じで出てくるのかと思いきや、こんな形状で出てくるとは。大根の桂剥きみたい。
e0173645_10504129.jpg

それにしても、凍らせているとはいえ生もの。よほど鮮度が良くないと食べられへんよな。
口に入れたら噛まずに少し解かす。すると、タラのもつ香ばしい甘みがぐっと広がる。美味い!!
醤油に一味を入れていただくのが、羅臼流だ。

もう一つ、スケソの湯煮
e0173645_10504669.jpg

これも、驚きの一品。昆布だけで味をつけたものだ。ごまかしようがない。スケソウダラの身が柔らけー、え?これ、とても昆布だけの味付けとは思えない。いやぁ、スケソの旨味がしっかり活かされてますな。凄い。

造り盛り。
サメガレイ雲丹はさみ、金目鯛、北寄貝は活けと茹で、カニ身、タコの頭。羅臼の恵みが詰まった盛り合わせですなぁ。
e0173645_10505825.jpg

こんな素晴らしい料理をいただいておいて、酒を呑まないわけにはいかない。
根室のお酒「北の勝」を熱燗で。ふんわりとした甘みと、風味が心地いいお酒だ。魚料理に合うなぁ。
e0173645_1050528.jpg
e0173645_10511967.jpg

ご主人にはすんごいお世話になっちゃった。とてもいい方で、色んな話もきけたし、美味しいものもいただけたし大満足!!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:鰍
場所:北海道目梨郡羅臼町本町369-1
時間: 5~10月 10:00~21:00(L.O.20:40)、11~4月 11:00~21:00(L.O.20:40)
電話:0153-87-2818

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-02-16 13:39 | ・居酒屋めぐり(その他) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/19803863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 富山の蕎麦「立山そば」 石橋の焼肉「みつる」 >>