西脇のラーメン「西脇大橋ラーメン」

以前から、ワードだけは何度か耳にしていたし、ちょっくらドライブでも、という時にも実は候補に挙がって来た場所、兵庫県西脇市。結局のところは、番組ロケで訪れる方が先だったか。西脇は、兵庫県のほぼ中央部にある街なんだけど、加えて、東経135度と北緯35度が交差する場所でもあり、「日本の(中心)へそ」とも呼ばれる場所ですな。
「へそ」にちなんだ地域活性も…
e0173645_1049686.jpg

さて、西脇に来たなら、これを食べないわけにはいかない。播州ラーメンだ。
今回やってきたのは、「西脇大橋ラーメン」だ。
e0173645_10445625.jpg

実は、ご当地グルメで播州ラーメンがあるというところまでは知っていたんだけど、その特徴までは気にしていなかった。それが、聞くと、「甘い」ときた。甘いラーメンと言われても、どう甘いのかがピンとこないよなぁ。
e0173645_1045297.jpg

場所的にJRの駅からだとちょっと離れているし、住宅街や商店が軒を連ねる中にあるわけでもない。確かに昼時ではあったけど、こんなに繁盛しているのかぁ~凄い人気だなー

注文したのは、特製ラーメン(600円)。めっさ、美味そうな中華そば。見た感じ、シンプルな醤油ベースの中華そばなんだけどなぁ。
e0173645_10451578.jpg

「!」
スープを飲んでみると・・・お、確かに甘い
ただ、甘いけど、スィーツな甘さでなくてよかった(ちょっと、過激な甘さを想像してしまっていた自分が恥ずかしい)。スープを仕込む際に使われる野菜や果物から出る甘みですな。

麺は細目のちぢれ麺。麺そのものはもちっとした感じなんだけど、少し硬めな茹で具合だった。中華そばな感じで食べると、案外とここが意外で、長浜ラーメンをイメージしてしまった。でも、これがスープとよく絡んで美味かったわけ。

「播州ラーメン」認定店には、認定証が掲げられるのね。
半世紀ほど前、「播州織」の織物工場に、集団就職で働く女工達がいて、その口にあうようにと開発されたのが、この「播州ラーメン」なんだそうだ。
e0173645_104510100.jpg

豚骨・鶏ガラをベースにした醤油ラーメンながら、野菜や果物などを煮込むことで出る甘みが特徴。決まったレシピはないようなんだけど、どうも、醤油そのものが甘い、ご当地の龍野醤油なども使ったりと、甘さを出すために、色々と奥深そうな仕込みがありそうだ。

興味のある人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:西脇大橋ラーメン
場所:西脇市上野432-7
時間:11:00~22:00 水休
電話:0795-22-4886

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-01-12 11:51 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/19519559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 宵ノKΘFUKUの『利き酒の週... 竹原の割烹「味いろいろ ますや」 >>