半田天然温泉「ごんぎつねの湯」

1ヶ月ほど前の話。
今回は、何かとタイミングが合わず、紅葉をちゃんと見る機会がなかった。12月に入ったけど、今からでもまだ間に合うスポットはないかと探していたところ、何とかなるかなぁ無理かなぁレベルで、豊田市にある香嵐渓というスポットが浮かび上がった。

ま、車走らせて観に行くか・・・まではいいんだけど、C級呑兵衛ファミリーで動こうとすると、特に、Jr.にメリットがないと動かない。仕方がない、わざわざ名古屋で調べたのも、飛行機好きのJr.に、「中部国際空港セントレア」に立ち寄れる、という人参をぶら下げたというわけ。

はい、やってきました中部国際空港セントレア。天気はいいんだけど、風がきつくてさぶ~
それに、あまり際立った飛行機がいないなぁ・・・国際線、ほぼいないし。時間が悪かったなー
かろうじて、向こうの方にカーゴのエア・ホンコン、B747のエバーグリーンインターナショナルが。遠いなぁ・・・動かないと思って、その間に昼ご飯食べて帰ってきたら、飛んで行ってやんの。とことんついてない。
e0173645_12495978.jpg

その後に、アシアナ航空のカーゴが。
e0173645_8264164.jpg

あまりの寒さにJr.も、いてもたってもいられなくなったので、適当なところで空港を後にする。

さ、温泉温泉。
名古屋市内からセントレアに向かうには、知多半島を南下する知多半島道路を利用し、途中、半田中央JCTで分岐し空港島に入るんだけど、実は、このJCTがある半田という町に温泉があるんですな。しかも、半田中央ICからすぐなわけ。すぐというか・・・もう、道路が弧を描くJCTの、その内側にあるんだもの。

その名も半田天然温泉「ごんぎつねの湯」だ。
e0173645_1250456.jpg
e0173645_12501098.jpg

なんでしょうなぁ、C級呑兵衛はあまり、童話・童謡に詳しくないんだよなぁ。
実は、この温泉のネーミング、童話からきてるんですな。この半田出身に、新美南吉という児童文学作家がいて、彼の作品の一つに「ごんぎつね」があり、ここからとっているそうな。

施設は意外と新しい感じで清潔感があるね。
内湯は、そこそこの大きさの白湯浴槽が一つ。これは温泉ではないんだけど、建物の造りや格子窓だからか、和テイストで落ち着く。

「あ、思ったより外が広いな・・・」

日本庭園というのが良いのか、B級テーマパーク的な雰囲気というのがいいのか分からないけど、一番奥には、岩壁と、その間で滝のように流れる源泉が見える。
あ、いくつか浴槽があるのか・・・建物に一番近いところに、寝湯や腰掛け湯、ん?左手奥には歩行湯なんてのもありますな。
寝湯などがある手前の浴槽にしばらくつかった後、奥の浴槽へ。この浴槽の右手には、洞窟というよりは車のガレージっぽい感じだけど、少し横穴式になっている部分があり、洞窟風呂として楽しめる。

そして、何よりも、ここの浴槽に隣接するように、先程の、まさに滝のように流れる源泉が落ちる滝壺風呂がある。完全な源泉掛け流しですな。今回、お客さんもいることなので、写真は撮れなかったんだけど、滝から落ちる部分の岩や滝壺部分は、温泉の泉質から変色し茶色くなっている。
温泉自身も、あわい黄土色をしていて少しヌルッとした感じだ。

「あっつ!!」

他の浴槽と同じように、調子こいて滝壺風呂に入ると、そういうお見舞いをされる。
源泉は59.1度。それを加水せずに自然に冷ませた状態で滝壺にくるわけだから、どう考えても50度は下らない。熱くて、身体がヒリヒリする。

もともとは、紅葉観に来ようとしたんだよな・・・とにかく、この時期は日が落ちるのが早い。風呂入ってゆっくりしてたら、香嵐渓夕方になっちゃった。でも、どこかどう名所かわからないし、渓谷沿いの道で、そもそも車をどこに止めたらいいのかもわからないまま、この池だけ観てしゅーりょー。写真だと明るく見えるけど、実際は、ストロボないと無理やろ的な暗さだった。
e0173645_12501486.jpg

2012年は、結局ほとんど紅葉観れずに終わったな・・・その代り、温泉にはちょいちょい足を運んだ気がする。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 ぶらり旅

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-01-05 16:46 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/19441794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 無神 at 2013-01-06 11:36 x
こんにちは

50度は経験ないですね・・・

お風呂好きの僕には、一度体験してみたいです。

Commented by nonbe-cclass at 2013-01-09 07:46
無神さん、こんにちは!
なかなか勇気のいる温度ですね(笑)、野沢温泉は60度強だったりします。入るのかなり大変ですが是非!

<< 石橋の居酒屋「なかの食鶏」 かきまつり 2013情報 >>