長崎の中華料理「四海樓」

恒例忘年会 嬉野・平戸まさかの2泊3日(4)。

軍艦島クルーズから戻ってきたのが13時頃。少し昼も回ったところで、そろそろランチをいただかないと。長崎といえば、何はともあれ「ちゃんぽん」ですわな。桟橋の近くに、ちゃんぽんの店があるということで、そこに行ってみることにした。

「え?まじか・・・」

いや、街の中華料理屋をイメージしてたんだけど・・・
はい、どーん
e0173645_11495785.jpg

え、ホンマにちゃんぽん食べられるのか?心配なってきたわ。中華料理「四海樓」だ。
お前のその・・・「は?」みたいな挑発的態度が気に食わないが・・・
e0173645_1150231.jpg

実は彼は、順風耳だ。千里眼と共に航海の女神・媽祖の家来だ。千里眼の動きを監視して、災害から媽祖を守る神だ。
土産店やちゃんぽんミュージアムまであるのか・・・とりあえず、レストランの階へ。
んーエレベーターもいちいち、漢字表記なのね。
e0173645_1150848.jpg

レストランのフロアに降りると、これまた、港が一望できるいい雰囲気な店内。大きな店だなぁ。少し待って、テーブル席へ。
そして、シンプルにちゃんぽん(997円)を注文。
e0173645_1150161.jpg

わおっ!うまそー
e0173645_11502167.jpg

この時間なのに、えらい人気のお店なんだと思っていたら、110年を超える老舗中の老舗なんですな。かつてこの店で、孫文、斉藤茂吉、国内外の皇室も訪れている。
しかも、「ちゃんぽん」発祥の店だった。皿うどんも同様で、ちゃんぽんがもともとあって、そのバリエーションとして生まれたものだそうな。

スープは、鶏ガラと豚骨がベースになっているんだけど、牛乳がたっぷり入ったかのようなクリーミーさ、そしてコク。塩胡椒の塩梅がこれまた、ええ。美味い!
そして、たっぷりの具材。豚肉、キャベツ、蒲鉾、もやし、いか、小エビなどがどっさり盛りつけられている。

麺は、小麦粉に唐灰汁の水でを入れて作った長崎オリジナルなもので、太麺でもっちもち。
e0173645_11502524.jpg

また、食べたくなる味ですな。
長崎へお越しの際は是非。

恒例忘年会 嬉野・平戸まさかの2泊3日 続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:四海樓
場所:長崎市松が枝町4-5
時間:11:30~15:00、17:00~21:00(L.O.20:00)
電話:095-822-1296

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2012-12-15 13:12 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/19360436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の居酒屋「BUTA SAN... 恒例忘年会 嬉野・平戸まさかの... >>