恒例忘年会 嬉野・平戸まさかの2泊3日(3)

さて、軍艦島に降り立った一行は、見学広場に向かう。
なるほど、全部を見られるわけじゃないんだ。島南側の輪郭部分だけなんだね。
船を降りたドルフィン桟橋から、見学通路を歩いて第1見学広場へ。
まず、目の前に広がる空間に橋桁の様なものが・・・ここが、貯炭場だったところで、この橋桁は精炭を運ぶベルトコンベアの跡だ。奥に見える白い壁の建物は、前回に紹介した端島小中学校ですな。
e0173645_942979.jpg

左の高台に目をやると、アパートが。
e0173645_9422256.jpg

ガイドさんは、当時の繁栄していた頃の写真もみせながら、分かりやすく説明してくれる・・・んだけど、船が出島を出発するときから、どっかで言うたろうと思ってたんだけど、説明の合間に、ちょいちょいダジャレやボケをぶっこんでくるんだよね。ま、それが、意外と面白いからお気に入りだったんだけど。
e0173645_9425744.jpg

とにかく波が荒いという話をちょいちょい出してるけど、それこそ台風などもあると、この廃墟も現状維持というわけにはいかず、風雨の影響で、瓦礫が飛ばされたりする。
これも、そう。こんなんが飛ばされるのかよ・・・
e0173645_10141890.jpg

次の第2見学広場に向かいながら見えるのが、第二堅坑坑口桟橋跡。ほとんどの鉱山施設が崩れている中、第二堅坑に向かう桟橋への階段が残っている。
e0173645_10185164.jpg

そして、第2見学広場。ここは、やはりレンガの建物が目を惹く。総合事務所ですな。総合事務所なんだけど、ここの中には共同浴場もあったんだって。空の青とのコントラストがいいですな。
e0173645_10272797.jpg
e0173645_10273580.jpg

第3見学広場に向かう途中、左手にプールの跡が。ま、周りは海で囲まれているけど、とても、この環境下で泳げるわけないわね。だから、プールは必要なんだけど、水の重要性を考えて、そう、プールは海水だったんですな。
e0173645_10325443.jpg
e0173645_103342100.jpg

そして、第3見学広場。目の前には、アパートの30号棟が。1916(大正5)年建築で、7階建て鉄筋コンクリートの高層アパートは、日本最古と言われている。
それにしても、一時期は東京都の人口密度以上だった人達の生活って、とても充実していたんですな。昭和30年代にして、テレビなどの電化製品普及率も長崎県でトップだったんだって。スーパーはもちろん、パチンコもスナックもあったそうな。
e0173645_10335040.jpg

どうだろう、上陸後の見学は正味30分程度かしら。軍艦島クルーズは他にも規模の大きいものがあるけど、人数は関係なく、島の滞在時間は決まっているとのこと。であれば、規模が小さく小回りがきいて、だじゃれをぶっこんでくるシーマン商会がおススメだ。

帰りの船内、おしぼりとどんぐりあめをもらう。DVD上映ですか・・・あめをねぶりながら待っていると、おいおい、これまでの雰囲気から一転して、B'zかよ。なんでもこのPV、この軍艦島で撮影したからだって。
e0173645_10341788.jpg

いやぁ、貴重な体験が出来ましたな。

続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 ぶらり旅

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2012-12-15 11:19 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/19360166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 長崎の中華料理「四海樓」 恒例忘年会 嬉野・平戸まさかの... >>