河内小阪の洋食「ひれとんかつの店 とん文」

先月に訪れたお店の話。

冬の牡蠣シーズンに入り、普段足を運ぶ店でも、「カキ入りました」なんて張り紙が、店先に貼ってあると嬉しいもんだ。C級呑兵衛は、生牡蠣が一番好きで次に焼きかなぁ。まぁ、それは牡蠣によるか。

牡蠣フライも人気だよね~。揚げ物の店に入って、牡蠣フライあったら頼むもんなぁ。
先日、仕事で近鉄河内小阪へ行った時のことだ。昼食を摂ろうと、駅近くで店を探していたところ、これまたええ感じのお店を発見。
「へー昭和37年創業のひれとんかつの店か。」
e0173645_11172923.jpg

「ひれとんかつの店 とん文」だ。ひれとんかつはもちろん気になるんだけど、軒先の黒板に「かきフライ定食」の文字。くーっ、文字だけで涎が出る。
e0173645_11175734.jpg

中に入ると、左手が厨房で、それを囲むようにカウンター席。店内右手がテーブル席で、なかなかの繁盛ぶりですな。
悩んだけど、やっぱりカキフライ定食(920円)にしよ。
おーおーおー、予想以上にボリューミーだぞ~
e0173645_1118261.jpg

広島の生かきを使っているんだけど、大きな粒だなぁ。
フライの衣がゴツゴツした感じなんだけど、「とん文」は、とにかく創業当時からの「手作り」にこだわっている。自家製の生パン粉を使っているんだって。それだけじゃなく、この美味そうなタルタルソース、このサラダにかかっているドレッシングもみんな手作りだ。
e0173645_1118694.jpg

ザクッといって、プリッとした牡蠣の風味がグッと口の中に広がる。こりゃ美味い!
あーカキフライにしてよかった~

ひたすら揚げているご主人だが、客をもてなそうとする気持ちが「いらっしゃいませ」「有難うございます」など、ちょっとした言動からひしひしと伝わってくる。それが、店全体の温かい雰囲気につながっているんだろうな。

十分にお腹を満足させるボリュームだ。是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ひれとんかつの店 とん文
場所:東大阪市小阪1-9-1-122 近鉄ビル1号館東面1F
時間:11:30~14:30、17:30~21:00(L.O.20:40) 火水休
電話:06-6781-3056

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2012-11-24 21:39 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/19260127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 人形町のカフェ「NIHONBA... 石橋の居酒屋「かさ家」 >>