小山のうどん「安田製麺所」

先日、仕事で日帰り出張。
いつもなら東京丸の内なんだろうけど、今回は、レアケースで栃木だ。東京から東北新幹線で小山へ向かう。
e0173645_10165215.jpg

ん~小山(おやま)と聞くと、どうにも桜金造の「小山ゆうえんち」を思い出す。話ついでに言うと、「小山ゆうえんち」は、2005年に閉園し、現在は、大型商業施設「おやまゆうえんハーヴェストウォーク」になっている。え?桜金造の「小山ゆうえんち」を知らない?これ↓

さて、現地入りしたところで、腹ごしらえといきたいところだが、いつものことで、その場所に行けばご当地のもんを食べたいわけ。
駅構内に観光案内所が見当たらなかったんだけど、地場の特産などを紹介しているショーケースがあったのでみていると、「あ、うどんか・・・」。小山うどんというものがあるようだ。じゃあ、これを食べてみるか。

で、やって来たのが「安田製麺所」。製麺所なんだけど、敷地の一部がお食事処「安田」になっている。
e0173645_1075454.jpg

わお、店内は、かなりこってり昭和ムード。かなり地元感満載だ。実は、創業100年以上の老舗中の老舗。

さて・・・その小山うどん、この米うどんと書いてあるのがそうか。小麦で作るんじゃなくて米粉を使用しているんだって。じゃあ、米うどんざる(680円)をもらおうかな。
待っていると、最初にやって来たのは、おにぎりと惣菜。「生井っこおにぎり」、そう米粉もそうだけど、これが小山ブランドの米「生井っ子」だ。コシヒカリの特別栽培なんだって。
e0173645_1081128.jpg

米うどんざるを注文したんだけど、先のおにぎり・惣菜、そして、かきあげまでついてくる。すっかり、定食になってますな。お得だわ~
e0173645_108822.jpg

この麺だけど、めちゃつるつる。程よいコシも心地いいんだけど、この瑞々しい透明感のある喉越しがグー。え、食後にコーヒーもつきますか。おかげでゆっくりできましたな。
e0173645_1082423.jpg

大阪から来た話をすると、小山も富士通などがあったりする関係か、大阪の人も多いとのこと。
常連客か近所の人かも食べに来てたんだけど、「この店のうどんが一番うまい」って話してたぞ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:安田製麺所
場所:小山市城山町2-11-12
時間:8:00~20:00 日祝休
電話:0285-22-0262

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2012-11-03 11:23 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/19147495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< マイタウン攻略で京都散策 堺の蕎麦「ちく満」 >>