堺の蕎麦「ちく満」

先日、堺市で午後から仕事ということで、少し早めに現地入りすることにした。
せっかくなら、ご当地もんを食べたいところだ。

実は、堺ということもあって歴史の街でしょー、「発祥」ものがいくつもあるので、それにちなんだ食べ物がいいかな。
なるほど・・・せいろ蕎麦の発祥も堺なのか。じゃあ、それを食べさせてくれるという老舗に行ってみるか。南海電車の堺東駅からてくてくと西へ歩いて、阪堺電車とぶつかる宿院の交差点そばにある、「ちく満」だ。

実は、一度は完全に見過ごしてしまった。だって、イメージと全く・・・いや、想像を絶する敷地・建物だったからだ。一見すると、ちょっとした工場だ。
e0173645_22271832.jpg

駐車場を横切り、建物に近づくと、申し訳ない感じで暖簾がかかっている。
e0173645_22274268.jpg

暖簾をくぐり、薄暗い感じの通路を歩くと、右手にこれまた渋い入口が。中に入ると、座敷で蕎麦をたぐるお客さんの姿が見える。でも、一人だと伝えると、「お2階へどうぞ」と案内された。
e0173645_22272810.jpg

2階にあがると、そこにも店員さんがいて「34番へどうぞ」。靴を脱ぐところにも番号が振ってあって、案内された番号のところに脱いで座敷にあがる。
いやいやいや~、いい雰囲気の広間ですな。テーブルも個別のお膳のようになってるのね。これから、宴会でも始まりそうだ。
e0173645_22274758.jpg

メニューは、せいろそばのみなので、注文の聞かれ方は、1斤でよろしいですか?1.5斤にされますか?
大盛りにしたいから、1.5斤(1000円)でお願いするかな。
暫くすると、ん?かわった形で運ばれてきたな・・・こんな感じ。
e0173645_2228134.jpg

この木箱のようなものがせいろですな。
さて、ここのせいろ蕎麦の特徴は、せいろに蕎麦を盛っているということだけでなく、「あつもり」、つまり、そばをせいろ蒸ししているわけですな。
生卵をといてダシを入れ、ねぎやわさびを薬味に、これに絡めて食べるということか。
e0173645_2228733.jpg

蓋をとった時の風味はいいけど、蒸してあるので蕎麦はフカフカした食感、なので、歯ごたえを楽しむタイプではないのでご注意を。でも、この食べ方美味いよなぁ。ペロッといっちゃうわ。
e0173645_22281818.jpg

様子を見計らって蕎麦湯が出てくる。残ったダシに入れていただく。ウメー
e0173645_22282834.jpg

老舗と書いたけど、店そのものは江戸期、元禄8年創業だそうで。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ちく満
場所:堺市堺区宿院町西1-1-16
時間:10:30~21:00 月休
電話:072-232-0093

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」

「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!
にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2012-10-29 23:36 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/19123533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 小山のうどん「安田製麺所」 石橋の居酒屋「吉喜」 >>