東京の居酒屋「夢とり」

「え?そうでしたっけ?」
全体の会話の中では、結果的にはスルーしたんだけど、「そうかぁ、分かっているようで分かってないなぁ。」
先日、東京出張の際、仕事の時間がおして大阪に帰れなかった時、入った居酒屋「夢とり」でのことだ。
e0173645_1221456.jpg

それは、「枝豆」の話。
この店にも定番メニューとして枝豆(420円)はあるんだけど、この日は別のメニューとして「茶豆」があったので、それを頼んでみた。
e0173645_1215494.jpg

そう、その「茶豆」だ。
「香ばしくて美味いですよね」という話をきっかけに、

「茶豆は、茶で湯掻いてるから茶豆言うんやで」

「え?そうでしたっけ?」と返したものの、その言葉の後ろには、「違う」という否定ではなくて、「おやおや」・・・完全に、頭はもやもやさまぁ~ずだ。

あかん、ちょっと確認しよう・・・

茶豆は、枝豆グループの一つですな。そう、「枝豆グループの一つ」という表現をしたということは、調理法ではなくて、品種ということだよね。別に、黒豆というのもあるわね。
「茶豆は、茶で湯掻いたものではない」ことはこれで分るけど、じゃあ、「茶で湯掻いたもの」って何だろう?という話。
茶豆は、「だだちゃ豆」などブランドもんも流通しているけど、普通の枝豆よりもお値段も高いわね。でも、この香ばしい味わいが魅力なわけ。それを、普通の枝豆で少しでも味わえないか・・・その解決が「お茶」というわけだ。普通の枝豆を緑茶で湯掻くと、ええ感じになるそうな。このあたりが、「茶豆」「お茶」ワードの混乱した部分ではないか、と。

もひとつ、ややこしい話をすると、「茶豆」と「だだちゃ豆」の関係。
めちゃうまの「だだちゃ豆」は、「茶豆」品種の一つ。ここまではいいんだけど、ここで「だだちゃ豆」を「だだ茶豆」と書くとおかしくなる。だって、「だだちゃ」という言葉は、昔使われた言葉(方言)で「おやじ」を意味するからだ。「どこの、だだちゃが作った豆だ?」から、今のようになったという説がある。
じゃあ、それが100%正解かっていうと、ビミョー。別の説に「伊達の茶豆」がなまったという話もあるからだ。これでいくと、「だだ茶豆」でもおかしくはない。ただ、調べた感じ、「だだちゃ豆」という表記が多いようですな。

え?どこまで枝豆の話してるんだって?

ほたるいかの塩辛(580円)
e0173645_1215440.jpg

さっぱりうまうまのあかね鶏のとりわさ(550円)。
e0173645_122487.jpg

これも甘酸っぱいタレとネギの香ばしい風味がたまらん、あかね鶏もも肉の唐揚ネギソース添え(800円)。
e0173645_122495.jpg

串は、はつ(220円)、かわ(230円)、ねぎま(230円)・・・
先の一品でもでてきたけど、鶏は「つくば茜鶏」。しっかりした肉質なんだけど、噛むとじゅわっと旨味が出るジューシーさ。
e0173645_1221474.jpg

元プロゴルファーだった人がされてる店のようで、随所にゴルフなデザインが・・・
気になる人は是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:夢とり
場所:東京都中央区八重洲1-5-10 八重洲井坂ビルB1F
時間:11:30~13:30、17:00~24:00 日祝休
電話:03-3245-1678

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2012-08-26 20:22 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/18721078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の居酒屋「多香」(石橋ラフネタ) 石橋の居酒屋「うめちゃん」 >>