新世界・天王寺でハシゴ酒 ~酒の穴・炅・明治屋~

「え?天王寺方面がいいんですか?」

イニシャルS氏、とイニシャルO氏の来阪を受け、ディープな呑みに行こうとなったわけなんだけど、天王寺方面だとあまり詳しくないな。新世界は「八重勝」だけ行ったことがある、とのことなので、今回は新世界を少しぶらついてから天王寺に出ることを考えた。

少し雨がぱらつく火曜日、19:30頃の新世界はあまり人通りのない、寂しい雰囲気だった。
2人は昼飯を、新地でどえりゃーボリュームの唐揚定食を食べたらしく、腹持ちがいいとのことだったので、串をやめて居酒屋に入ることにした。

まあ、新世界で居酒屋といえば、やっぱり「酒の穴」には入っておきたいところだ。
e0173645_1643491.jpg

「お、空いてる空いてる」
この店の名物はやはり八宝菜。なんか、懐かしい味わいなんだよねーそれに、肉野菜が具沢山。これ、200円でございます。
e0173645_1644250.jpg

ビールに肴が八宝菜という変り種以外に、しめ鯖にたにしをもらう。これらも200円の一品料理なんだけど、この小皿が大衆居酒屋の雰囲気を加速させる。
たにしが美味い!旨煮になってるんだけど、少し弾力のある食感がグー
3人はそれぞれビール、焼酎、ワイン、チューハイなどをあおる。
e0173645_16441688.jpg
e0173645_16442459.jpg

居心地のいい時間が過ごせる、大阪の大衆居酒屋を案内した後は、新世界でホルモン、しかもアニメ「じゃりん子チエ」で登場する串のホルモンいきますかな。店もディープな感じで。となると、「晃(ひかる)」ですな。
e0173645_16463326.jpg

焼き物はハラミにミノサンド(1本300円)、店のおねえさんに薦められて生きも(500円)を注文する。
e0173645_16465246.jpg

まずね、生きもがいける。厚めに切られたきもはねっとりとした舌触りだけど、臭みもない。この店では、ミノサンドは食べておきたいところ。店のおねえさんは「仕入レデ一番高イヤツ」って言ってたけど、このボリュームと味には確かに満足する。
e0173645_16471234.jpg
e0173645_16472051.jpg

新世界も天王寺もよさ気な店は、21:00から22:00ぐらいで閉店してしまう。21時を回ったから、「晃」も出なきゃ。

天王寺まで歩いて、最後は名店「明治屋」でしめることにする。ここに昔から根付いた居酒屋、他の店にはない大阪の良き文化を感じてもらおう。太田和彦氏のいう日本三大居酒屋の一つですな。
C級呑兵衛も大好きな店だ。閉店まで30分ほどしかないんだけど、すぐに入れたのでラッキー。
e0173645_16483050.jpg

湯豆腐がなかったのは残念だったけど、酒にきずしを注文する。それに、四天王にごり酒もいただいちゃお。
e0173645_16484973.jpg

話によると、この場所での営業も今年一杯くらいかな、というところだそうだ(近くのビルに移転し営業は再開)。天王寺再開発、随分と様変わりするんだろうね。

イニシャルS氏ベロンベロンですけどぉ、大丈夫ですかあぁ?

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」に出演中!各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

by nonbe-cclass | 2010-02-09 23:35 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/18109166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< どうも調子が悪いですねー 新宿の居酒屋「丸庄」(2) >>