石橋温泉 閉店を偲んで(2)

最終日に「石橋温泉」に行ったのであれば、最後、少しはご主人や奥さんと話をすればいいのに、意外とすんなりと帰ったわけなんだけど・・・それには理由があった。

話は遡って・・・
実は、営業をしている間に、施設内の写真を記録に撮らせてほしいとお願いをしたわけ。この建物自体がなくなるのであればなおさらだ。
もちろん、お客さんが入っている間の撮影はNGだから、開店前に特別許可をいただいて撮らせていただいた。

今回は、その中のほんの一部をここでご紹介。

では、まず男湯から。
e0173645_101945.jpg
e0173645_9131750.jpg
e0173645_103820.jpg
e0173645_132041.jpg
e0173645_1306.jpg
e0173645_133264.jpg
e0173645_104629.jpg

続いて、女湯ね。男湯女湯の間仕切りを中心に、基本シンメトリー。
e0173645_144975.jpg
e0173645_15635.jpg
e0173645_9134020.jpg
e0173645_9134736.jpg
e0173645_913564.jpg
e0173645_914448.jpg
e0173645_151734.jpg

そして、フロント・休憩スペース。
e0173645_92008.jpg
e0173645_9194076.jpg
e0173645_9201860.jpg
e0173645_9195680.jpg

男湯女湯両方入って、同じ案内板なのにイラストが違ってたり、イスが違ってたりということが分かるよね。
その最たるもので、御主人から話しを聞いて「おー」と思ったのは、バスクリン風呂。よもぎの時の写真なんだけど、男湯女湯同じ薬剤を入れているのに色が全然違うでしょ。湯質も違うということですな。

写真を一通り撮った後、塩風呂へのこだわり、御主人がもし続けるならこんなことがしたいという夢、昔の阪大生の話などを聞くことが出来た。
石橋温泉は、周辺の銭湯に比較してお客さんが来ていた方だという。利用者は閉店を惜しむが、それでも、閉店しなければならないハードルってあるんだよなぁ。今の時代の、銭湯運営の難しさも色々と伺うことができた。

石橋から、一つの歴史が幕を閉じた・・・

「石橋温泉 閉店を偲んで(1)」はこちら

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2012-05-26 09:46 | ・銭湯・温泉 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/18057967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 近所の人 at 2012-08-28 12:12 x
素晴らしい。
私も十年以上通っており、家族皆でよく利用させていただきました。また中を見たいなぁと思っている中このサイトを見つけました。最後に数多くの素晴らしい写真を残していただき私は感激です。ありがとうございます!
Commented by nonbe-cclass at 2012-08-28 23:32
近所の人さん、こんにちは!
石橋温泉は私にとってだけでなく、地元の方には憩いの場所だったと思います。出来れば、閉店までに記録を残しておきたいと思い、ご主人奥様にお願いをしました!
喜んでいただけて、こちらも嬉しいです!

<< 浦和のラーメン「らーめん なかじま」 石橋温泉 閉店を偲んで(1) >>